「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

2021-10-05から1日間の記事一覧

エレミヤ書(旧約聖書口語訳)

エレミヤ書 第1章 1ベニヤミンの地アナトテの祭司のひとりである、ヒルキヤの子エレミヤの言葉。 2アモンの子、ユダの王ヨシヤの時、すなわちその治世の十三年に、主の言葉がエレミヤに臨んだ。 3その言葉はまたヨシヤの子、ユダの王エホヤキムの時にも臨ん…

テサロニケ人への第二の手紙(新約聖書口語訳)

テサロニケ人への第二の手紙 第1章 1パウロとシルワノとテモテから、わたしたちの父なる神と主イエス・キリストとにあるテサロニケ人たちの教会へ。 2父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。 3兄弟たちよ。わたしたち…

イザヤ書(旧約聖書口語訳)

イザヤ書 第1章 1アモツの子イザヤがユダの王ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの世にユダとエルサレムについて見た幻。 2天よ、聞け、地よ、耳を傾けよ、主が次のように語られたから、「わたしは子を養い育てた、しかし彼らはわたしにそむいた。3牛はその飼…

雅歌(旧約聖書口語訳)

雅歌 第1章 1ソロモンの雅歌 2どうか、あなたの口の口づけをもって、わたしに口づけしてください。あなたの愛はぶどう酒にまさり、3あなたのにおい油はかんばしく、あなたの名は注がれたにおい油のようです。それゆえ、おとめたちはあなたを愛するのです。4…

テサロニケ人への第一の手紙(新約聖書口語訳)

テサロニケ人への第一の手紙 第1章 1パウロとシルワノとテモテから、父なる神と主イエス・キリストとにあるテサロニケ人たちの教会へ。 恵みと平安とが、あなたがたにあるように。 2わたしたちは祈の時にあなたがたを覚え、あなたがた一同のことを、いつも神…

コロサイ人への手紙(新約聖書口語訳)

コロサイ人への手紙 第1章 1神の御旨によるキリスト・イエスの使徒パウロと兄弟テモテから、 2コロサイにいる、キリストにある聖徒たち、忠実な兄弟たちへ。 わたしたちの父なる神から、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。 3わたしたちは、いつもあな…

ピリピ人への手紙(新約聖書口語訳)

ピリピ人への手紙 第1章 1キリスト・イエスの僕たち、パウロとテモテから、ピリピにいる、キリスト・イエスにあるすべての聖徒たち、ならびに監督たちと執事たちへ。 2わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるよう…

伝道の書(旧約聖書口語訳)

伝道の書 第1章 1ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言葉。 2伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である。3日の下で人が労するすべての労苦は、その身になんの益があるか。4世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変らない。5日はいで、日は…

箴言(旧約聖書口語訳)

箴言 第1章 1ダビデの子、イスラエルの王ソロモンの箴言。2これは人に知恵と教訓とを知らせ、悟りの言葉をさとらせ、3賢い行いと、正義と公正と公平の教訓をうけさせ、4思慮のない者に悟りを与え、若い者に知識と慎みを得させるためである。5賢い者はこれを…

エペソ人への手紙(新約聖書口語訳)

エペソ人への手紙 第1章 1神の御旨によるキリスト・イエスの使徒パウロから、エペソにいる、キリスト・イエスにあって忠実な聖徒たちへ。 2わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。 3ほむべきかな、わたし…

詩篇 第ⅢⅣⅤ篇(旧約聖書口語訳)

詩篇 第ⅢⅣⅤ篇 第73篇 アサフの歌 1神は正しい者にむかい、心の清い者にむかって、まことに恵みふかい。2しかし、わたしは、わたしの足がつまずくばかり、わたしの歩みがすべるばかりであった。3これはわたしが、悪しき者の栄えるのを見て、その高ぶる者をね…

詩篇 第ⅠⅡ篇(旧約聖書口語訳)

詩篇 第ⅠⅡ篇 第1篇 1悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。2このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。3このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、…

ガラテヤ人への手紙(新約聖書口語訳)

ガラテヤ人への手紙 第1章 1人々からでもなく、人によってでもなく、イエス・キリストと彼を死人の中からよみがえらせた父なる神とによって立てられた使徒パウロ、 2ならびにわたしと共にいる兄弟たち一同から、ガラテヤの諸教会へ。 3わたしたちの父なる神…

ヨブ記(旧約聖書口語訳)

ヨブ記 第1章 1ウヅの地にヨブという名の人があった。そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。 2彼に男の子七人と女の子三人があり、 3その家畜は羊七千頭、らくだ三千頭、牛五百くびき、雌ろば五百頭で、しもべも非常に多く、この人…

エステル記(旧約聖書口語訳)

エステル記 第1章 1アハシュエロスすなわちインドからエチオピヤまで百二十七州を治めたアハシュエロスの世、 2アハシュエロス王が首都スサで、その国の位に座していたころ、 3その治世の第三年に、彼はその大臣および侍臣たちのために酒宴を設けた。ペルシ…

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com