「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

■天聖経(デジタル写経)

■天聖經(31) 第5巻「地上生活と霊界」 第2章 死と霊界

第2章 死と霊界 1)人生必然の道 2)死に対する理解 3)高い霊界に行くには 1)人生必然の道 ①永生と距離が遠い体 地球も息をして運動をするのです。皆さんの細胞も息をします。皆さんは、地上で永遠に暮らしますか、無形の愛の実体になった所で永遠に…

■天聖經(30) 第5巻「地上生活と霊界」 第1章 有形・無形世界における人間の存在

第1節 人生路程 1)人生路程 2)人間の位格 3)人間の生命の本質 4)肉身生活の高貴性 5)祝福と永生 1)人生路程 ①人生路程についての祈祷文 (祈り) 愛するお父様! 天が屈辱を受けるその恥ずかしさを恐れながら、幼い時から今まで闘ってきた私を…

■天聖經(29) 第4巻「真の家庭」 第12章 真の家庭を求めて

第12章 真の家庭を求めて 1)自己のために生じたものは一つもない 2)神様が臨在できる至聖所 3)男性の主人は女性であり、女性の主人は男性 4)愛には発展も革命もない 5)女性は貞節、男性は志操 6)堕落はフリーセックスの根であり個人主義の先祖 …

■天聖經(28) 第4巻「真の家庭」 第11章 家庭は永遠の幸福の土台

第11章 家庭は永遠の幸福の土台 1)家庭はなぜいいのか 2)家庭は永遠なる幸福の基盤 3)家庭は天国完成の基本単位 4)愛の理想実現は家庭から 5)天国は家庭単位で入る所 6)天理法度は、四位基台原則になっている 7)家庭を通して人間が行くべき天…

■天聖經(27) 第4巻「真の家庭」 第10章 復帰すべき人類の真の家庭

第10章 復帰すべき人類の真の家庭 1)神様の救援摂理の目的 2)サタンの所有物になったアダム家庭 3)堕落人間の願い 4)復帰の最終目標はアダム家庭を復帰すること 5)イエス様が立てるべき復帰の家庭 6)再臨主を中心とした復帰の家庭 7)統一教会…

■天聖經(26) 第4巻『真の家庭』 第9章 真なる子女教育

第9章 真なる子女教育 1)父母は子女をどう教育すべきか 2)父母は子女に何を教えるのだろうか 3)父母がまず手本を示すべきである 4)父母は友達の中の友達、先生の中の先生 5)愛のむち 6)勉強は何のためにするのか 7)真の父母と先生の教え 8)…

■天聖經(25) 第4巻『真の家庭』 第8章 真なる父母の愛

第8章 真なる父母の愛 1)何でも与えたいと思う父母の愛 2)子供より素晴らしくなることを願う父母の心 3)父母の愛は永遠不変の愛 4)すべてを犠牲にする父母の愛 5)子供に対する父母の愛は絶対的 6)限りない父母の愛 7)父母の愛はすべての愛の…

■天聖經(24) 第4巻『真の家庭』 第7章 真なる夫婦の愛

第7章 真なる夫婦の愛 1)創造本然の夫婦関係 2)夫婦の愛が必要な理由 3)理想的な夫婦の関係 4)神様も酔うことができる真の夫婦の愛 5)会えば会うほど一層会いたいのが夫婦の愛 6)夫婦の愛の発展過程 7)愛する人が死ぬとなぜ悲しいのか 8)死…

■天聖經(23) 第4巻『真の家庭』 第6章 思春期の変化と真なる結婚

第6章 思春期の変化と真なる結婚 1)結婚の意義 2)なぜ結婚するのか 3)真の結婚観 4)思春期とはどのような時か 5)思春期に起こる身体的変化は何のためか 6)思春期の初恋 7)結婚の適齢期ー愛はいつから連結されるのか 8)心と体が一致した愛 …

■天聖經(22) 第4巻『真の家庭』 第5章 創造本然の男女の愛

第5章 創造本然の男女の愛 1)創造本然の男女の愛 2)男性と女性が生まれた理由 3)男性と女性は互いに絶対的に必要な存在 4)愛は相対から来るもの 5)異性間で愛の調和を成せば 6)真の愛に酔った本然の人間 7)愛は極めて自然なところで成される …

■天聖經(21) 第4巻『真の家庭』 第4章 愛を中心とした人生行路

第4章 愛を中心とした人生行路 1)人間はなぜ生まれたのか 2)愛を中心とした創造本然の人生 3)人間の永遠なる生命の要素は愛 4)神様の愛はどのようなものか 5)愛と喜びの相続のための神様の祝福 6)愛の中心を求めていく人生行路 7)3時代を行…

■天聖經(20) 第4巻『真の家庭』 第3章 家庭は天国の中心モデル

第3章 家庭は天国の中心モデル 1)家庭はすべての存在の中心モデル 2)家庭は宇宙の愛に接することができる愛の教材 3)愛の王国に入籍するための愛の訓練場 4)家庭は天国のモデル教科書 5)家庭は3時代の愛が結集した核心体 6)家庭は心情的な訓練…

■天聖經(19) 第4巻『真の家庭』 第2章 家庭を中心とした愛の法度

第2章 家庭を中心とした愛の法度 1)家庭を中心とした神様の愛の法度 2)家庭に3代が共存すべき理由 3)父母は愛の起源 4)兄弟姉妹が必要な理由 5)おじいさんは家の神様の立場 6)祖父母と孫との関係 7)家和万事成の真の意味 1)家庭を中心とし…

■天聖經(18) 第4巻「真の家庭」 第1章 創造本然の真の家庭

第1章 創造本然の真の家庭 1)アダムとエバを通じた神様のみ旨 2)神様が絶対に必要とするもの 3)神様が永遠なる愛の相対者 4)アダムとエバを創造された目的 5)アダムとエバの初愛の時期 6)すべての存在は愛を通じてのみ完成する 7)人間たちが…

■天聖經(17) 第3巻「真の愛」 第5章 愛と霊界

第5章 愛と霊界 1)霊界の空気は愛、愛が生命要素である 2)愛の人格は地上生活で具備しなければならない 1)霊界の空気は愛、愛が生命要素である 私たちは、神様の代身として愛によって生まれ、愛によって生きて、息子、娘を生んで、愛の目的地に到達し…

■天聖經(16) 第3巻「真の愛」 第4章 愛と家庭

第4章 愛と家庭 1)愛の理想実現は家庭から 2)家庭は天国生活のための愛の訓練道場 1)愛の理想実現は家庭から 家庭は、万古普遍(注:いつまでも変わらないこと)の起源であり礎です。 これは父も変えることができず、兄弟も変えることができず、どの…

■天聖經(15) 第3巻「真の愛」 第3章 愛と結婚

第3章 愛と結婚 1)真の結婚は宇宙的合一の愛を成すこと 2)男女の愛、互いが必要とする愛 3)祝福結婚式は神様の愛の伝授式 1)真の結婚は宇宙的合一の愛を成すこと 結婚はなぜするのでしょうか。神様の姿に似るためです。神様は二性性相としていらっ…

■天聖經(14) 第3巻「真の愛」 第2章 愛の実際

第二章 愛の実際 1)神様の愛 2)真の父母の愛 3)父母の愛 4)夫婦の愛 5)性愛 6)子女の愛 7)兄弟の愛 8)愛国、愛世、人類愛 9)自然愛 1)神様の愛 ①愛は神様から始まる 神様は、愛の神様です。パウロは、「キリストの中にある神様の愛の綱…

■天聖經(13) 第3巻「真の愛」 第1章 真の愛とは

第一章 真の愛というものは 1)愛は平和と幸福の源泉 2)愛は無限に与え、また与えること 3)愛が介在する時、調和がなされる 4)愛の特権は、同位権、同参権、相続権 5)愛で完成する 1)愛は平和と幸福の源泉 愛は、もてばもつほどうれしく、一度も…

■天聖經(12) 第2巻「真の父母」 第8章 「三大主体思想」と「真の父母」宣布

第8章 三大主体思想と真の父母宣布 1)「三大主体思想」と真の父母主義 2)「真の父母」宣布 3)「真の父母」宣布と王権 4)父母様の写真を奉ること 1)「三大主体思想」と真の父母主義 ① 「三大主体思想」は我々の願い 人間の願いとは何でしょうか。…

■天聖經(11) 第2巻「真の父母」 第7章 「真の父母」を中心とした生活

第七章 「真の父母」を中心とした生活 1)「真の父母の日」と「真の父母」 2)「真の父母」という言葉を完全に知るべし 3)「真の父母」の言語を学びなさい 4)民謡の中の啓示 5)「真の父母」の名で祈祷 6)「真の父母」の名の威力 7)「真の父母」…

■天聖經(10) 第2巻「真の父母」 第6章 「真の父母」と我々

第6章 「真の父母」と我々 1)統一教会の教えの核心 2)「真の父母」の在世時に同参する価値 3)「真の父母」の苦労と我々 4)恩寵と自覚 5)我々の成すべきこと 6)生命視すべきこと 1)統一教会の教えの核心 ① 父母哲学 皆さんが孝行者になろうと…

■天聖經(09) 第2巻「真の父母」 第5章 天国と「真の父母」

第5章 天国と「真の父母」 1)「天」の時と「父母」の字のもう一つの意味 2)地で「真の父母」に侍るべき理由 3)天国は「真の父母」を通じてこそ可能 4)天国と真の愛 5)「真の父母」と永生 6)「真の父母」と国 1)「天」の字と「父母」の字のも…

■天聖經(08) 第2巻「真の父母」 第4章 「真の父母」の使命

第4章 「真の父母」の使命 1)「真の父母」の立場 2)「真の父母」の道 3)「真の父母」になる以前の過程 4)「真の父母」の権限と使命 5)「真の父母」の愛 1)「真の父母」の立場 この世の中を見ると、帝国主義時代と帝王時代、そして王国時代があ…

■天聖經(07) 第2巻「真の父母」 第3章 「真の父母」の必要性

第三章 「真の父母」の必要性 1)普遍的父母も必要 2)世の中の父母と「真の父母」 3)「真の父母」が来るべき理由 4)「真の父母」出現の前提条件 5)真の血統は「真の父母」を通じて 6)「真の父母」が絶対必要な理由 7)「真の父母」の決定は先験…

■天聖經(06) 第2巻「真の父母」 第2章 メシヤと「真の父母」

第二章 メシアと「真の父母」 1)歴史と「真の父母」 2)メシヤは「真の父母」 3)イエス様と「真の父母」 4)再臨と「真の父母」 1)歴史と「真の父母」 ① 堕落と「真の父母」 今日、我々が暮らすこの世界に、真の父母を迎えましたが、この地には真の…

■天聖經(05) 第2巻「真の父母」 第1章 「真の父母」とは

第一章 「真の父母」とは 1)「真の父母」という言葉の意味 2)真の起源 3)真の原器 4)真と真の人 5)「真の父母」とは何か 6)我々がしるべき「真の父母」の語義 1)「真の父母」という言葉の意味 我々統一教会員たちが平素使う言葉の中に、「真の…

■天聖經(04) 第1巻『真の神様』 第4章 真のお父様の見た神様

第4章 真のお父様の見た神様 1)歴史的な恨、苦痛の神様 2)息子娘を失った衝撃、悲しみの神様 3)拘束された神様、囹圄の神様 4)サタンを処断できない理由 5)神様を解放してさしあげよう 6)神様の解怨成就と孝子の道 1)歴史的な恨、苦痛の神様 …

■天聖經(03)第1巻『真の神様』 第3章 復帰摂理歴史と神観の変遷 

第三章 復帰摂理歴史と神観の変化 1)旧約時代、神様は天使であった 2)主なる神の正体 3)イエス様が「父子関係の神観」を明かす 4)成約完成時代は神人一体の時代 5)創世以来初めて神様が顕現 1)旧約時代、神様は天使であった ①旧約時代は僕の時代…

■天聖經(02) 第1巻「真の神様」 第2章 神様と創造の役事

第1巻 真の神様 第2章 神様と創造の役事 1)神様の創造の動機は愛 2)人間を創造された目的 3)アダムとエバを通じた愛の目的 4)愛の理想は家庭を中心に完成する 5)神様が万物世界を造られた目的 1)神様の創造の動機は愛 ①創造の役事は完全投入 …

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com