「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

「平和軍・平和警察」は実体的装備を備えた市民軍(連載「60の論題」論題48)

f:id:touituseiden:20191118170340j:plain

「平和神経」で文鮮明師は平和軍・平和警察の意味を解説している。

 

●はじめに

論題48)『「平和軍・平和警察」は実体的装備を備えた市民軍』(第10章「平和軍平和警察」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

論題48)◎「平和軍・平和警察」は実体的装備を備えた市民軍である

文鮮明師は『平和神経』(平和メッセージ1)で次のように述べている。『世界平和の名で出発したUN軍の役割を、もう一度考えてみてください。韓国動乱とベトナム戦争でも、その使命を果たすことができず、途中下車したのではないでしょうか』『昨年(2005年)十月二十日、ウクライナにおいて人類の福祉と未来のための「平和王国警察」と「平和王国軍」の創設を、全世界の前に宣布しました。この二つの組織は、今から新世界の秩序と平和を守る警備隊の責任を果たすようになるでしょう』。このみ言から明らかなように、文鮮明師は「平和軍・平和警察」を実体的装備を備えた「市民軍」と想定しているのである。

 

●論点解説・引用資料一覧

48-01論点解説:(論題48・全体解説)
48-02引用御言:(『平和神経』・平和メッセージ①「平和王国警察・平和王国軍創設を全世界に宣布」」)

 

 

48-01論点解説 (論題48・全体解説)
『平和神経・まえがき』(2010年1月)には、次のような記述があります。統一運動紹介のくだりで、『自然災害を防ぎ、家庭倫理の確立や純潔を守ることを促進する平和組織である「平和警察」と「平和軍」、「平和教情団」活動による、永久平和世界創建運動(P2)』。これを読み、具体的に「平和警察」「平和軍」をイメージできる人はいるでしょうか。信徒でもこれが何を意味するのか理解できるとは思われません。まして、この「まえがき」を書いた公職者ですら、おそらく説明できないのです。なぜなら、実体的な「平和警察」「平和軍」という名の組織は、統一教会の歴史の中に存在した事がないからです。したがって我々は、2005年1月の時点で、文鮮明師があえて「平和軍」「平和警察」という名称を使用したその「原意」を正しく把握する必要がございます。その意図がもっとも正確に現れているのは、やはり最初に発表された「平和メッセージ1」といわなければならないのです。

 

 

48-02引用御言 :(『平和神経』・平和メッセージ①「平和王国警察・平和王国軍の創設を全世界の前に宣布しました」)
『世界平和軍の名で出発したUN軍の役割を、もう一度考えてみてください。韓国動乱とベトナム戦争でも、その使命を果たすことができず、途中下車してしまったのではないでしょうか。したがって、私は、世界百二十カ国を巡回し、「天宙平和連合」の創設メッセージを宣布する中、昨年(2005年)の十月二十日、ウクライナにおいて人類の福祉と未来のための「平和王国警察」と「平和王国軍」の創設を、全世界の前に宣布しました。この二つの組織は、今から新世界の秩序と平和を守る警備隊の責任を果たすようになるでしょう。いまだに、先天時代の残骸である分裂と利己主義の落とし穴から抜け出すことができず、慌てふためく人類に、真の個人、真の家庭、真の国家、真の世界と天宙を創建する、後天時代の真の愛を教育する先鋒隊にするのです。皆様も、今から新しい時代に新しい甲冑を着て、天のために、そして、人類万代のために全力投入する、賢明で勇猛な天宙平和王国軍となってくださるように願います。』(『平和神経』平和メッセージ1・P38「2005年9月」)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可能です)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com