「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

家庭連合は基元節前突然の文鮮明師聖和を説明できず(連載「60の論題」論題53)

f:id:touituseiden:20191118172338j:plain

家庭連合では基元節前の文鮮明師の突然の聖和を信徒に説明出来なかった。

 

●はじめに

論題53)『家庭連合は基元節前の突然の文鮮明師の聖和を説明できない』(第11章「文鮮明師の聖和」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

 

論題53)●家庭連合は基元節前の突然の文鮮明師の聖和を説明できない

家庭連合は、今だに文鮮明師がなぜ「基元節」前に突然「聖和」されねばならなかったかを、明確に説明する事が出来ない。聖和後の世界幹部会議で韓鶴子女史が真っ先に語ったことは、文鮮明師の業績の偉大さではなく、『大母様の清平摂理により、平和ワールドセンターが竣工し聖和式が執り行えた事がどれほど偉大なことか』と自らの功績を誇る始末である。文鮮明師を背信し、王権を簒奪した韓鶴子女史の神聖冒涜の罪にたいし、神と文鮮明師師がどれほどの血涙を流したであろうか。

 

●論点解説・引用資料一覧

53-01論点解説:文鮮明師・安楽死未遂事件の真相)
53-02引用資料:(証言①「安楽死未遂事件・文亨進様の証言」)
53-03引用資料:(証言②「安楽死未遂事件・ヨナ様の証言」)
53-04論点解説:(霊界メッセージに対する金英順女史の夫・ジョン・ホウン牧師脅迫事件)
53-05引用資料:(洪順愛大母様の霊界メッセージ)
53-06引用資料:文鮮明師の霊界メッセージ「天上から地上の幹部たちに送る真のお父様の特別な御言」)

 

 

53-01論点解説 :文鮮明師・安楽死未遂事件の真相)

ここでは、最初に再臨主文鮮明師の聖和に関わる事件として、「文鮮明師・安楽死未遂事件」を解明してみます。全世界の成約聖徒が、文鮮明師の回復を必死で祈る中で引き起こされた、不可解な事件です。その事件の顛末は(「53-02」参照)(「53-03」参照)の証言を参照ください。ここで唯一解明しなければならないのは、韓鶴子女史と金孝南訓母の不可解な行動の動機の解明に他なりません。

●視点1)韓鶴子女史は金孝南訓母と図り、聖和後の協会統治を構想していた。
最愛の夫である文鮮明師の危篤状態にもかかわらず、韓鶴子女史が冷静に聖和後の協会統治を構想していた事の裏付けは、聖母病院の救急治療室で生死の境を彷徨っている最中(8月23日)に、韓鶴子女史の指示で「天一国経典編纂委員会」の組織化が指示されている事実から推測できます。明らかに「八大教材教本」からの御言改竄事業の動機は、自らの協会統治に不都合な御言を削除し、新たな統治思想『独生女論』の経典化(真の父母経)の試みに他なりません。したがって、「安楽死未遂事件」の動機も、この協会統治の延長線上に理解するのが自然なのです。

●視点2)韓鶴子女史は、文鮮明師から八段完成を宣布されていなかった。
韓鶴子女史にとっても、側近幹部にとっても、「基元節」前の韓鶴子女史の八段完成(神様の夫人の認定)は、必ず超えなければならない関門でした。実際、家庭連合本部は2012年1月23日「真の父母様御聖誕日」に完成級の聖婚式を韓鶴子女史の「神様の夫人の結婚式」と意義付け挙行する準備をしていました。ところが2012年1月18日に韓鶴子女史は金孝南訓母司式による「ある神との結婚式」を極秘に挙行するに至ります。これを知った文鮮明師は、1月19日の天正宮訓読会で激怒し、韓鶴子女史と側近幹部に絶対服従を誓わせたのである。当然、家庭連合本部が準備していた「完成級の聖婚式」も、文鮮明師の指示で取りやめになりました。結論として、韓鶴子女史は聖和時点で八段完成を成就出来なかったのです。

●視点3)文鮮明師主管の「基元節」は文亨進様御夫妻中心の式典となる。
文鮮明師主管の「基元節」は、文亨進御夫妻への正式な戴冠行事を兼ねた可能性が高いのです。そうなれば、文亨進様御夫妻を中心に協会全体を統治する体制に移行したであろう事は容易に推測できます。結論として、韓鶴子女史が金孝南訓母と図り推進してきた文鮮明師聖和後の協会統治構想は、灰燼に帰する(崩壊する)しかないのです。
         

 

53-02引用御言 :(証言①「安楽死未遂事件の真相・亨進様の証言」)
「3年前、私達は病院で大喧嘩をしました。清平の女(金孝南訓母)がお母様を洗脳して、お父様の生命維持装置を取ろうとしました。それは、私が世界教会に対し、奇跡が起こることを願い、お父様の為に祈りや敬拝の条件を立ててくださいという公文を出している時でした。全世界の教会がこのような条件を立てている時に、彼らは生命維持装置を取ろうとしました。病室の中には世界のトップリーダー達がいました。そこには、朴普煕、金栄輝、金孝南、・・・と私と国進兄さんがいました義理の娘達はそこに入れてもらえませんでした。その時お母様はお父様の生命維持装置を取ろうとしました。私は、「お母様。あなたはそれをすることはできません。」といいました。そうしたら、お母様は私にびんたをくわせました。私はお母様に、「もしあなたがそれをすれば、あなたは殺人者になります。50年間の苦労を無駄にしないでください。」と言いました。朴普煕以外の全ての36家庭のトップリーダー達は、皆黙っていました。その中の一人は「皆いつかは死ぬからね。」とまで言いました。私はそれを私自身の目で見ました。彼らは、「お母様それをしないでください」と言う代わりに、ただ次のステージへの政治的判断をしたのです。この話はあなた達を不愉快にさせますか。私はそう願います。あなた達は目覚めなければなりません。国進お兄さんと私は「お母様、あなたがそれをすれば、あなたはメシアの殺人者になります。」と言いました。国進お兄さんは、とても強い言葉でそれを言いました。そのすぐ後に、政治家達は心を変えました。私達がその場の雰囲気を変えたのです。」

 


53-03引用御言 :
(証言②「安楽死未遂事件・ヨナ様の証言」)

「お父様は生命維持装置でつながれていますが、お父さまには意識がありました。亨進様、国進様の意見は「私達は、お父様が自然に亡くなられるようにすべきです。私達にはそれが出来ます」。しかし、お母さまと訓母はとても強く主張されました。訓母は「孝進様、興進様、栄進様がここに来ておられ、彼らは霊的にこられ、お父様を迎えたがっておられます」と語り始められました。亨進様はお母様にプライベートに話されました。お父様は5階の部屋で、私達は10階から12階で、そこには小さな部屋がありました。私達はそこに連れられて行き、そこから、私達はお父様のおられる階へ、いつでも降りていくことができ、常に誰かが交代で、お父様の病室に泊まりました。それは適当な大きさの部屋で、小さな部屋とリビングルームがありました。その小さな部屋に亨進様とお母様は入って行かれました。彼らは、この事(プラグを抜くかどうか)について話されていました。すると、突然大きな叩く音が部屋から聞こえて来ました。それは、お母様はとても怒られて「あなたは何も知りません!」「あなたはまだ若すぎる!」という意味のことを、私は正確には覚えていませんが、大きな音が聞こえて、私達はお母様が亨進様を叩かれたことが分かりました。私は、お母様が彼の何処を叩かれたかは分かりませんでしたが、彼が叩かれた明らかな音がしました。お母様は亨進様のお父様への処置に対する「私達は絶対にできません」という強い反対が、気に入らなかったのです。そしてその後、亨進様と国進様は長老達を呼び、訓母やお母様がプラグを引き抜こうと思っていることに対して、どのように考えているかを訊きました。亨進様や国進様は、これをやったら、あれをやったらとか、例えば何かマッサージとか鍼とか何かで、何とか命をつなげることができるのではないかと提案しました。でも、お母様は亨進様と国進様が語るいかなる提案にも非情に怒られました。そしてお父様はその後、清平に移されてから亡くなりました。」(2015年10月25日)

 


53-04論点解説 :(霊界メッセージに対する「金英順女史」の夫・ジョン・ホウン牧師脅迫事件)
金英順女史は、李相軒先生の「霊界メッセージ」の受信者です。金英順女史は、2016年10月4日に大母様からの「霊界メッセージ」を受信(「53-05」参照)、続けて2016年10月6日に文鮮明師からの「霊界メッセージ」を受信(「53-06」参照)し、その後「韓国家庭連合」で公開しました。その内容が韓鶴子女史に都合の悪い衝撃的なメッセージであったため、韓鶴子女史は、そのメッセージの取り下げを指示しました。副協会長や現地の教区長をはじめとする協会関係者数人が「金英順女史」の主体者であるジョン・ホウン教会長を訪ね、霊界メッセージの内容を認めることはできない、除名すると脅迫するに至ります。訪問した人たちは「イ・ヨンヒョン副会長」「イ・ミョンジヨン会長」「ヤン・ジュンス会長」「ソン・インヨン忠南教区長」です。これに対しジョン・ホウン教会長は『生涯、私はお父様に侍って来たので、最後までお父様のみ言葉に従う。私を除名したいならば除名しなさい。』と一喝しました。

 


53-05引用資料 :(洪順愛大母様の霊界メッセージ)
 食口の皆さんアンニョンハセヨ。私は洪順愛大母です。地上の食口達は、私からの便りを心から待っていたでしょう? 何から語ればよいのか非常に心が焦るような思いです。
 本当に真のお母様にはとて申し訳ないことですが、天上世界のこのような実情を思い計ることができないようなので断定的に事実を明らかにしようと思います。私は真のお母様の母(大母)として、このような事実を明らかにしなければならない私自身がどほど胸が痛いか考えてくださるよう願います。
食口の皆さん!地上において過ちを犯せば、天上世界の霊界圏の位置がよくない程度はよくご存知でしょう? 地上での人生は本当に瞬間です。天上の人生は永遠な永生であることもご存知でしょう?それは本当に最も大きな問題です。
 皆さん!食口の皆さん!皆さんはどのように過ごしていますか? 食口の皆さん!地上にメシアがおられた時、本然の生き方とは何なのかということは大体わかるでしょう。統一原理の教えから外れた歩みは天上世界では補うことができません。どんなに真のお父様の愛する子女たちであっても神様は彼らを許すことができません。それがまさに天理原則(天法)自体ではないでしょうか。
 ところで食口の皆さん!真のお父様が最も愛する対象は誰でしょうか?当然、真のお母様でしょう。ところが食口の皆さん!申し訳ないことに今の真のお母様は間違った生き方をしておられます。昔の真のお母様ではなく、今は、驕慢と慢心の思いを少なくなく持っておられます。そして今はメシアの妻の位置からとても外れ、自ら「メシア」であるという自負心を持って主観的摂理的な行跡を積上げておられ、真のお父様、メシアが経綸された摂理的業績を様々な領域で変えていっています。現在の真のお母様は決して「メシア」ではありません。そして真のお母様の「独生女」に対し様々な次元で少なからず議論されているようです。独生女問題はその解釈がほとんど間違っています。真のお母様はメシアの妻に過ぎません。天上においても地上においても、メシアが経綸された全ての摂理的業績において、メシアの妻としての位相を決して外れてはいけないのです。そして真のお母様の周辺で様々な計画を推進する公職者たちと元老の方々は真のお母様がその位置から外れた現実そのものに少しの迷いもなくただ依存しているようです。統一原理や真のお父様のみ言に、そのような教えがどこにありますか? 食口の皆さん!ここ、天上世界では、真のお母様の誤った現実を直視し、直感し、総ての食口がとても心を痛めています。地上世界の食口の皆さんは、そのような現実をどうするつもりなのですか? 食口の皆さんは、真のお母様が天上世界の真のお父様の上流霊界圏から離れることを願うのですか?
 決してそうなってはいけないのです。地上での誤ったこのような現実は、地上世界で綺麗に整理しなければなりません。このような地上世界での真のお母様の現実を天上世界で真のお父様がとても心配され考慮しておられるとするならば皆さんはどうされるつもりですか? お互いに自問自答し直接祈ってください。本心の声に従って地上で全てのことを整理してください。
(「2016年10月4日(火)」洪順愛大母より 「受信者:霊界レポーター・金英順」)

 


53-06引用資料 :文鮮明師からの霊界メッセージ「天上から地上の幹部たちに送る真のお父様の特別な御言」)
 統一家の36家庭、協会長、公職者、そして全ての食口達に真のお父様が懇切に心から話す。真の父はお母様を愛しとても大切にした。そして世界各国の真のお父母様を見つめる子たちをとても大切に思い愛しながらこの生涯を生きてきた。何よりも、もっと悠久な歳月を経てメシアを待っていた神様、私の父が可哀想で、難しく大変な時も最後まで耐え抜いてきた。
統一家の食口達よ!私の子らよ!しかし、天上の真の父は他の誰よりも真の母よりも統一家の私の子たちがあまりにも可哀想に思いこの文を地上に送るので、食口達は天の真の父のみ旨に従って生きて行くことを胸に刻むよう願う。
 今日の統一家がこのままではいけないのです。地上で真の父が生きている時何を教えましたか?ひたすら愛し心をつくして教えたことは何よりも「霊界」だ。「天上世界、霊界」だ・・・.皆さんがいくら地上で一生涯を健康に生きたとしても、時が来れば、誰もが例外なく天上世界に来るようになっています。地上は短い生涯です。天上は永遠の命の人生なのに、皆さんは霊界の人生はほとんど考えもせずに生きている…今、喜んでサタンが踊っている…
 それでは天上の真の父はどうすればいいのか?天上の真の父は、金英順に霊界を詳しく教えている。“お前は一つ一つ教えて来なさい”と。皆さんは、地上世界を去るとき、地上の誤った人生を全てきれいに整理してこいと、地上で整理して天上世界の真の父がいる位置に来てこそ一緒に永生することができると、詳細については、金英順(キム・ヨンスン)と話してみなさい。
 そしてお母様の話をしようと思う。オモニはメシアの妻の座を去った。私が話をしなくても、あなた達は オモニの人生を見たし現在見ているのだから!金栄輝(キンヨンフィ)、李載錫(イ・ジェソク)、お前たちが真の父が地上にいたとき、その教えの核心は何であるかをそれほどまでにわからないのか?真のお父様の御言を「触れてはいけない」とあれほど明らかに教えたのに、真のお母様と一緒にすること、それが天法なのか?なぜ真のお母様のために君たちはその教えを明らかにできないのか? お前たちが天上に来るとき、メシアと一緒にいるのか?その下流層に行くのか? 地上はそんなに重要ではない。そして、オモニが「原罪」がないだと…?サタンと関係のない独生女として生まれたときから「原罪」が無いだと?
食口の皆さん、36家庭、協会長、公職者、そして統一家の皆さんは、真の父と真の父の胸をこのように真っ青にあざだらけにする、私の子らよ…!真の母の言葉を置いて、なぜ正しいか間違っているかを問わないのか?今、すべての公職者、36家庭、協会長、誤った生き方を悔い改め整理して天上に来なければならない。地上に送った金奉泰(キンボンテ)家庭の話を一度詳細に調べてみてください。家族が精誠をこめたので地獄からは解放されたが、まだもっとやるべきです!
 真の母が可哀想ですか?どのようにすればいいか。大母様がその母ですが、子を捨てなければならない痛みを抱えているので。真の父は、食口達に話したい話があまりにも多いが、皆さんは地上の人生を考えながら、自分自身をよく整え来てください。自身の本郷地は天上世界であることを胸に刻みなさい。36家庭、協会長、公職者の皆さんは、真のお母様に真のお父様の教えを正しく従うように懇切に言わなければなりません。それでこそ真の子供になるのです。天上において真の父が地上の非常時を終えてくれることを願う。
(「2016年10月6日(木)」真のお父様より 「受信者:霊界レポーター・金英順」)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com