「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

天一国国民の三大基本原則(連載「60の論題」論題55・56)

f:id:touituseiden:20191118184000j:plain

神の血統守護する事。人権を蹂躙しない事。公金を横領しない事。

 

●はじめに

論題55)『天一国国民は王であり王妃である』・論題56)『天一国国民の三大基本原則』(第12章「天一国国民」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

 

論題55)◎天一国国民は王であり王妃である

文鮮明師は『皆様、万民の平和の王、神様を真の父母として侍って暮らす、真の王子、王女となってください」』(「55-01」参照)と語っている。天一国国民は再臨主文鮮明師と、血統相続者二代王に生命を捧げた聖徒の集まりである。基元節と二代王の戴冠式以降、象徴的に「天一国」は創建され、国民(祝福家庭)は、氏族圏の王と王妃となり、王冠の戴冠を許諾されたのである。王冠には、『文鮮明師のサイン』と『統一旗』の御型を添付しなければならない。

 

●引用御言一覧

55-01引用御言:(神様を真の父母として暮らす、真の王子、王女となってください。)

 

 

55-01引用御言 :(神様を真の父母とする真の王子・王女となって下さい)
『皆様は今、摂理的四次アダム心情圏の時代である解放・釈放時代、すなわち後天開闢時代に入っています。蕩減復帰により、まだらに染まった旧約・新約・成約時代までの先天時代を勝利した、影のない「正午定着」時代であり、アダムの堕落以前の本然の理想世界を創建していく時代です。平和の王、真の父母を中心として、霊界と肉界が一体圏を成した全体・全般・全権・全能の真の愛の心情圏の時代、すなわち天宙平和統一王国の時代を意味するのです。皆様、万民の平和の王、神様を真の父母として侍って暮らす真の王子、王女となってください。救世主、メシヤ、再臨主が必要のない永遠の解放と釈放の世界で、天宙平和の王であられる真の父母様に侍り、真の孝子、忠臣、聖人、聖子の家庭の道理を果たし、太平聖代の平和理想世界王国を創建しましょう。(『平和神経』平和メッセージ10・P201)

 

 

 

論題56)◎天一国国民の三大基本原則

天一国国民の死守すべき三大基本原則は以下のとおりである。天一国国民は『神の純潔な血統を守らなければならない』(「56-01」参照)『人権を蹂躙してはならない』(「56-02」参照)『公金を横領してはならない』(「56-03」参照)。この内容は文鮮明師が、2001年1月13日の「神様王権即位式」において宣言した御言に他ならない。

 

●引用御言一覧

56-01引用御言:(第一の原則は「神の純潔な血統を守らなければならない」)
56-02引用御言:(第二の原則は「人権を蹂躙してはならない」)
56-03引用御言:(第三の原則は「公金を横領してはならない」)

 

 

56-01引用御言 :(第一の原則は「神の純潔な血統を守らなければならない」)
『最もおそろしいこと、天の国の憲法の第一条とは何かというと、純潔な血統を守らなければならないということです。汚してはいけません。女性たちはいつもナイフを手の近くにもっていて、引っ張られていく状況になれば、そのような恩讐には「ええい、どうにでもなれ」と言って、つかんだ相手の手の近くを切ってしまえというのです。それでも、いざとなれば、自分の首を切ることもできるのです。血統の純血は生命よりも貴いのです。』(「神様王権即位式」P203)

 

 

56-02引用御言 :(第二の原則は「人権を蹂躙してはいけない」)
『第二に、人事措置を間違えて、人権を蹂躙するなということです。男性であれ女性であれ、黒人であれ白人であれ、平等です。人権を差別したり、人権を蹂躙したりするなということです。責任者たちは自分と気が合わないといって、むやみに人事措置をしてはいけません。気が合わないといってむやみにできません。教会の幹部たちよりも、先祖が善なる人はいくらでもいます。何代もたたずに大統領になる家門の人の首を切ってしまえば、自分の先祖ががらがらとすべて崩れます。ですから、先生は、人事措置をあまりしません。上のほうの人たちを人事するときは、くじ引きでします。人権を蹂躙するなというのです。先生は、どこに行っても、黒人だといって差別したり、出身大学で何かを決定したりはしません。人権を正しく指導するには、真の愛、「ため」に生きる愛をもって暮らす人が主流です。天地創造は、そこから始まりました。その主流思想を乱してしまうことは、許すことができません。罪の中で二番目の罪です。』(「神様王権即位式」P201)

 

 

56-03引用御言 :(第三の原則は「公金を横領してはならない」)
『第三には、公金を盗んではならないとうことです。国家財産略取!どこかに行って良いものがあれば、ビルから金塊が落ちてきたとしても、それを自分のものにすれば略取です。自分勝手に使うことはできません。先生は、皆さんがもってきたものを受け取りません。お母様を通して受け取ったとしても使いません。それは毒薬よりももっと恐ろしいものです。あの国に行って、がちっと引っ掛かってしまいます。』(「神様王権即位式」P202)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可能です)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com