「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

●全文公開!金榮輝先生に提出した可知雅之氏・太田朝久氏連名『お伺い書』

f:id:touituseiden:20200215075240p:plain

再臨主の教義を改竄した教団式典に文鮮明師は臨在なされない。


 

●はじめに

中村仁史氏が動画で指摘していた「2通のお伺い書」の中の一通『金榮輝氏へのお伺い書』を、すべて私の責任で公開する。

以下のバナーから「ダウンロード」して検証いただきたい。

 

 

金榮輝先生様へ御言研究室(可知雅之・太田朝久)連名で提出された
『御言の問題に関するお伺い書』

 ダウンロードは下のバナーをクリックして下さい↓↓↓

drive.google.com

 

 

 

●おわりに

 

2014年に提出されたこの『お伺い書』は明らかに、韓鶴子女史の『独生女論』へ「4つの視点から反証している歴史的な証拠文書」である。

2014年の『お伺い書』から翌年2015年の『独生女論受諾』の歴史的大転換までに、はたして、日本統一教会内部でなにが起こったのであろうか。

この「180度真逆の教理」への大転換は、日本家庭連合が、従来の再臨主文鮮明師の御言(真理)に基づく成約教団ではなく、韓鶴子女史の『独生女論』を主要教義に据えた『清平・韓鶴子教』に完全に宗旨替えをしたことを意味する。

家庭連合は2019年3月に光言社発行『成約摂理解説・4章2節』で、韓鶴子女史の『独生女論』を公式受諾した証拠文書を公開する。(残念ながらこの書籍は現在「絶版」となった)この歴史的な日本家庭連合が犯した証拠文書も、改めて公開することとしたい。

文鮮明師聖誕100周年式典をいかに盛大に祝おうと、再臨主文鮮明師の御言を改竄し、背信した成約教団の祝いに文鮮明師が臨在することはない。

文鮮明師はいまもなお重大な裏切り行為がつづく、韓鶴子女史が指導する家庭連合を眺めながら、血涙を流し続けておられるのである。


祈り。アージュ

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

●以下の二つの記事のダウンロードもお勧めします!

 

 

1)韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

2)『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com