「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

「日本教会御言研究室」から「最高委員会」へ『第二のお伺い書』は実在した!「中村告発証言の衝撃」9

f:id:touituseiden:20200217053304p:plain

日本家庭連合は、文鮮明師の御言を踏みにじり、磔刑に処した!

 

●はじめに

中村仁史氏が指摘していた「金榮輝先生へのお伺い書」の他に「最高委員会」への第二のお伺い書は確かに実在します。第一の「お伺い書」の作成日が2014年7月21日、第二の「お伺い書」は更新日が、2014年8月7日である。

この「第二のお伺い書」の韓鶴子女史の『独生女論』への「反証論点」は次の2点である。

●「第一の反証」は文鮮明師の御言に基づく「重生論」からの視点
●「第二の反証」はなんと、「16万訪韓修練会の御父様の御言」に基づく視点である。

今回、その「第一の反証視点」である「重生論の原理的理解」(文鮮明師の御言に基づく正統理解)を「可知雅之氏・太田朝久師」がどのように理解していたのかを、自らの言葉で解説いただくこととしたい。

 

 

●中村仁史氏の「告発証言」動画↓↓↓(必見です!)

https://www.youtube.com/watch?v=BFu0pgvaG9M&feature=youtu.be

 

 

●事実検証10
日本教会・御言研究室」から「最高委員会」へ『第二のお伺い書』は実在した!

 

 

 

●「第二のお伺い書(抜粋)」

 

最高委員会各位

御言の理解に関するお伺い書

日本教会・御言研究室

 

 

謹啓

 真のお母様が、天一国2年天暦6月5日(陽7月1日)に語られた「血統転換、私は母胎からです。皆さんはこれを信じなければなりません」という御言の理解をめぐって、今、各方面で話題になっております。

 話題となった理由は、真のお母様が、今回語られた御言が、真のお父様の今まで語ってこられた御言や原理と食い違っているのではないかという疑念が起こったためです

 

 私たち統一食口は、真のお母様が、勝利された人類の「真の母」であられ、人類を神の血統に生み変えてくださる唯一の「真の母」であられ、原罪のない完成された女性、神の独り娘、女王の中の女王であられることを確信し、真のお母様を心から尊敬し慕っております。(*赤字は1968年神の日以降と理解される)

 また、神様によって、胎中におられるときから特別に選ばれた女性であられ、歴史的なその使命を果たされるならば、人類の「真の母」となられるよう、胎中におられるときから選ばれてお生まれになられたことを確信しております。(*赤字は胎中から選ばせた女性ではあるが、胎中聖別(無原罪誕生)とは認めていない!)

 

 しかしながら、上記のように、神様によって選ばれた血統にお生まれになったとしても、人類の「真の母」となられるためには、1960年天暦3月16日(陽暦4月11日)の「聖婚」以降、1968年1月1日の「真の神の日」宣布までの7年路程の苦難を通過され、さらには、その後におかれても2003年2月6日の2度目の「聖婚」に至るまで、人類の真の母としての路程を歩まれ、勝利されたからであると理解しております。

 

1.真のお父様は、1960年天暦3月16日(陽暦4月11日)の1度目の「聖婚」は、長成期完成級の位置であると語られました

 

 真のお父様は、「1960年が、いったいどの基準であったか? 堕落したアダム、エバの立場、長成期完成級の基準である」(『祝福家庭と理想天国(Ⅱ)』28ページ)と語っておられます。

 もし、真のお母様が、胎中で「血統転換」してお生まれになられたなら、1960年天暦3月16日(陽暦4月11日)の「聖婚」は、神様の直接主管圏すなわち「完成圏」における結婚式であったと考えられます。ところが、真のお父様は、1度目の聖婚は「長成期完成級の位置である」と語っておられます。

 

 「エバを再創造しなければならない。エバはアダムをかたどって造ったんだからね。神はアダムを造って、アダムを標本としてエバを造った。それは何を意味するかというと、再創造原理において、アダムはアダムの責任を果たせないで、エバを堕落させたんだから、アダムは再び、エバを創造しなければならない。もう体は造っているんだね。サタンがもっている。それをサタンから取ってこなければならない。……それで、20歳以下じゃないといけない。だから、その年齢の何も知らないお母様を連れてきた。それは再創造だ」(同、895~896ページ)

 

 そして、真のお父様は、2003年2月6日の2度目の「聖婚」の時に、神様の結婚式が初めて成されたとして「婚姻申告」をされ、次のように語られました。

 「文総裁が現れて、神様と共に、婚姻申告をすることができ……『天宙・天地真の父母様平和統一祝福家庭王即位式』をしました。神様とアダムとエバは、家庭王即位式をすることができませんでした。……家庭王即位式をしたので、神様が本来の真の父母を中心として、婚姻申告をすることができる時を迎えた」(2003.3.10)

 

(後略)(抜粋おわり)

 

 

●おわりに

日本教会御言研究室(*執筆は太田朝久氏)」自らの言葉で語っていただき明らかなように、2014年時点で「日本教会御言研究室」は、いたってまともな御言理解をしていたのが理解できると思います。

ところが、2015年以降、「日本教会御言研究室」は「統一原理」の「重生論」理解を、真の父も真の母も「お二人共・無原罪で迎えた」と、信徒に何の断りも相談も無く、ムチャクチャな大転換を公表したことは、もはや周知の事実であります。

それは、周藤健著(光言社発刊・「日本家庭連合御言研究院」監修)『成約摂理解説』でも明確に公表されております。(その後、この『成約摂理解説』は絶版となった!

これだけでも、「日本教会御言研究室」は「いかさま原理改竄」によって、従来の真の御父様から指導され公表された「統一原理」理解を、180度転換した物的証拠は十分であります。(「日本統一教会史」の中で、今後、悪魔の改竄事件として断罪されることになるでありましょう・・・。

中村仁史氏がこの「偽重生論」の間違いを「公開動画」で明確に解説してくれる予定です。・・・。)

ところが、更に驚くべきことに、今、日本家庭連合は、「再臨主文鮮明師=胎中有原罪誕生」「韓鶴子女史=胎中無原罪誕生」への二度目の教理改竄を断行する準備をすすめているのです

この事実を、「日本家庭連合が、再臨主文鮮明師を磔刑に処している!」と表現せずになんと表現することが適切でありましょうか!

 

その事実は、韓鶴子女史の自叙伝(日本語版)発行で明らかになるでしょう!
その時、家庭連合に(成約聖徒に!)何が起こるのか、我々は歴史的審判の時を待ちたい。

 

我々は、「清平・韓鶴子教団」から神につながる「永遠の生命」を受けられたのではない。再臨主文鮮明師から真実の御言と神に連結される「永遠の生命」を授けられたのである。

 

祈り。アージュ

 

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

●以下の二つの記事のダウンロードもお勧めします!

 

 

1)韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

2)『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com