「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

3ヶ月ぶりに登場の韓鶴子女史の爆弾発言!とても公開できない「天宙聖婚60周年特別集会」の惨状。

f:id:touituseiden:20200511100306p:plain

脚が不自由で療養していたという韓鶴子女史3ヶ月ぶりの驚きの講話。

 

●はじめに

韓氏オモニ中心の家庭連合(天の父母様教団?)はいったい何処に行くのでしょうか。
脚が不自由で療養していた韓鶴子女史が、3ヶ月ぶりに公の舞台に登場した今回の講話。こらまでの再臨主文鮮明師に対する不信を悔い改めるのかと思いきや、ますます「伝統破壊スロットル」全開の講話に、会場は一様に凍りついてしまっております。

アイゴー!「天の父母様教団」よ。何処に行く!

 

 

韓鶴子女史「真の父母様天宙聖婚60周年特別集会メッセージ」 
2020年5月8日(全文*翻訳者からの聞き取りです)

 

みなさん座ってください。会えてうれしいです。三ヶ月ぶりですね。

●とんちんかんな「コロナ危機」で悟ったこと。
五月と言えばもっても美しい季節。希望の季節ですね。数日前、天聖宮でつつじの花を見たときに、いつ出てきたのか、蝶々がおどりながら一生懸命に仕事をする場面を見ました。その時私は、創造主天の父母様、その方は夢があられ、天地万物を創造され、このような美しい季節を人間のために創られたのに、人間始祖の堕落、天地父母様が天宙の主人であられるのに、主人としてではなく、長い悠久なる6000年の期間、自らの御旨、御心を知ることの出来る人間を探しながら、耐え、待ってこられた長い歳月、特にコロナ自体によって全世界の国々が、自国を中心とした道に進むときに、人間の努力と力によっては、これ以上一つになる平和の世界が出来ないことを見せてくれました。皆さんはどのように感じられましたか。

●1960年からマラソン。基元節でゴールしたのは「真の母のみ」だった?
1960年、天の父母様が待ち、待ち焦がれた、地上に、地上の摂理を出発することの出来る、1960年3月16日、この日は天の父母様が、真の父母と一つとなる日とならなければなりませんでした。しかし、歴史を通じて見るときに、救援摂理、蕩減復帰摂理は、多くの遅延と失敗の連続でした。特に、再臨主メシア、その方の責任は、キリスト教の基盤を通して、完成しなければならなかったにもかかわらず、そのように出来ない環境の中で、1960年、真の父母は世界に向かってマラソンが始まったのです。絶え間なく世界を抱こうとする努力、言葉に表せない、表現する事の出来ない、血の涙を流す状況でありました。 53年間マラソンは始まり、2013年1月13日、紀元節、ゴールは誰がしましたか?真のお母様のみゴールしました。そこで私は天一国元年を宣言しました。

●お父様は地上で使命を完遂できず。私が地上で責任を果たすという立派な「主管性転倒」の自分勝手な決意。
そして3年間はお父様のために。天の父母様の前に赦しと愛と真の父の生涯は地上がまず先なのです。しかし、そのように出来なかったというのです。それで私は、3年侍墓精誠の期間を持ちました。そして3年後、お父様にこのように言いました。「天の父母様の前に頌栄の対象としてご自由であられて下さい。地上は私が責任を果たします。」そうしましたね。皆さんが今日私と共に息をしているこの瞬間がどれだけ重要でしょうか。今回のコロナによって社会的な距離を置く、そのような運動がありました。みなさんが、今のこの生活が、永遠の天上の天一国の国民としての資格があるのかどうか、検討し努力し反省し悔い改める、出発の責任を完成することを誓う皆さんであることを願っています。そうしますか。

●七カ国復帰は勝利したのか?世界最貧国での大陸会議が国家復帰なのか?
4年間、慌ただしく摂理を進める私としては、一瞬の余裕もない状況でした。皆さんも見て感じてきたかと思います。ただ、天の父母様のみ私の側におられました。それを認めますか。私が7カ国復帰をしなければならないと言った時、全員が信じなかったというのです。私がアフリカに行かないといけない、セネガルに行かないといけない、このように言うとき、多くの人が反対をしました。しかし、結果はどのようになりましたか。勝利しましたか?(はい)勝利の土台の上で私は、2020年、天一国安着を宣布しました。天一国安着です。定着ではない安着です。宣布したならば、宣布として終えてはなりません。

●2023年までに「天苑宮」建築!これが神様の御旨なのか?
そこで私は、このコロナの期間、55日間、深い精誠の祈祷を捧げました。天がこれ以上待つことが出来ないという、これ以上私が地上にいる間に、天の父母様を、万民がすべて栄光の中で侍る、そのような生活を見せないといけない、遅らせることが出来ないという結論に至りました。皆さんは、先ほど事務総長を通じて、歴史を学ばれたかと思います。天の父母様はその愛の実践場は、天上ではなく地上であります。見えない霊としておられる父母は、見える完成した人間を通じた、人間と一つとなった真の父母の立場、天の父母様として人類を抱き、愛し、育てられたかったのです。その夢を実践しなければなりませんか? これ以上天を待たせてはいけません。人類が苦痛を受けず悟る事ができる、私たちには長く見る余裕がないというのです。私が今回少し無理をして足を痛めました。心はすぐにでも活動したいという想いに駆られますが、しかし、そのような状況ではなかったので、天が絶妙に休まなければならない時間を私に与えました。考えてみれば、ほんとに感謝にたえません。それでは、私がしなければならない事は、天の父母様に侍り生きる天一国の国民をどのように侍って生きないといけないか、これを見せてあげないといけない。それでお父様の聖和以降、「天苑宮」を建てるといったとき、その準備が即時に入ることができませんでした。人間的な、世間的なひっかりが沢山あったというのです。しかし、これからは定めました。2023。2023年。美しいこの季節に「天苑宮」、特に天の父母様に侍ることが出来る「天一聖殿」を奉献しようと思っています。(拍手)

●国政選挙で極左文在寅」支援が「神韓国」を創ることなのか?
昔しお父様がこのような事を、御言を語ってくださったことを覚えているかと思います。これからは、御旨を知っているすべての人が、果てなく集まってくるだろう。これは言葉として捉えてはいけません。実際に具体的になければなりません。であるならば、見せることが出来る場所が必要です。わかりますか?そうでしょう? そこで私は拍車をかけ、この国の国民達が願う南北統一、私が昔から言ってきました、人間の頭と、人間の努力をしては出来ない。天の父母様に侍る立場でこの国も、「神韓国」にならなければならない。これはいいましたね。そして拍車をかけ五つの地区に分けました。より効果を上げるためにそうしたのです。それで今回国会議員選挙、そこで皆さん実力を発揮しましたか? この国は天が所有しなければならない国です。天の父母様がおられなければならない国であります。

●評判の良くない「私の自叙伝」が国民教育になるのだろうか?
しかし、御旨を知らない政治家が、御旨を知らない国民が、天の摂理の妨害になってはいけません。なので、皆さんが教育しなければなりません。摂理の真実、歴史を知らせなければならない。それで「私の自叙伝」がタイミングよく出ました。これは人間の心がどのように変化しているか皆さんは知っていますか。私は皆さんからも感想を聞きましたが、平和大使、一般市民からも感想を聞くことが出来ました。天は皆さん祝福家庭を愛しますが、このようなプレゼントよりも、この地に天の父母様を知らないというのはあってはあらないのです。

●「天の父母様聖会」設立を発表!(包括団体なのか?)訳が分からん!
キリスト教は今後退しているというのです。私はすべての宗教界、思想界、分け隔て無くすべての人を一つの旗の下に集めることの出来る、「天の父母様聖会」を発表します。英語で言うならば、「Heavenly Parents Holy Community」です。聖なる会、「聖会」。すべての教団の責任を果たすことが出来ませんでした。天の父母様の大きな傘下の中、傘の基、私たちがいままでしてきた、すべてのNGO、天宙平和連合、家庭連合、女性連合はその傘下に入り、120%天の父母様を証さなければいけません。分かりましたか。皆さんの頭で推し量ってはいけないというのです。おろかな行いをしないで下さい。これ以上父母様の前に不孝をしないで下さい。私は、この間、遮られた摂理の真実を伝えるといいました。天の父母様は、父なる神様のみならず、母なる神様、天の母、この名称は、母なる神が中心となって人類全体を抱き、生むという意味がある大きな傘であります。拍手が小さいです。皆さん立って興奮して踊りを踊らないといけないような状況ですよ。

●すべての内容を整理整頓とは?更なる再臨主の伝統破壊を断行する決意であろうか!
いつ私たちにこのような日が来ると分かっていたでしょうか。このような、世界的な、力なく、大きな困難のあったこの国が、灯火となり、このような立場に立ったにもかかわらず、これ以上躊躇せずに歩みましょう。それで、もう一つのみ加えます。これから、私がこの地上にいる間、すべての内容を整理整頓します

●世界宣教本部強化方針。本部長は「ユンヨンホ」!評判悪くとも文句を言うな!
天の父母様がどれほどこの間耐えてこられた父母様の前に、喜びと頌栄をお返しし、毎日、「天の父母様、今日はどこどこの国が、父母様に侍ると決意しました」と報告を毎日聞きながら、少なくとも私がこの地上にいる10年になるか、20年になるか分かりませんが、77億人類の中で、3分の1でも、天の父母様を知り、実践しなければなりません。みなさん一人一人が、100人、その100人が1000人を。相対できる実力を備えたのであれば可能であります。分かりましたか?(はい)それで、皆さんが進み出ることができるすべての内容を私が準備しました。ですので、この国のみならず、全世界を直接、私が、そこに行きながら報告を受けることが出来る、そのような、一日を千日のように過ごさなければならない多くの事があるでしょう。そこで私は、宣教本部を世界本部を強化します。すべての指示を宣教本部を通じて、今までもしてきましたが、国を相手に、国家を相手に。私が何を言うか分かりますか?宣教本部に本部長としてユンヨンホを任命します。この間みなさん、多く理解できず、言いたいことが多くあったということも知っております。しかし、信じられない言葉をかけるとき、信じた人であります。みなさん全員が違うと言ったにもかかわらず、信じてくれました。

●私に絶対忠誠を誓いなさい!雑音が聞こえてはならない!私は気が短いのだ!
この天一国は一つとなった天の国です。私が60年、お父様と聖婚したとき、天が啓示をくださいました。すべての国民は天一国国民となるであろう。金氏、朴氏、李氏、それらもすべて、天一国の天一国民である。このように、天一国の適切な国民として生きることができるか、天の国に残される名前であるか知らなければなりません。天一国とは何か。これから私の耳にさまざまな雑音が聞こえないようにしなければなりません。これからは、一つの声、一つの行動、私と共にあって、雲がかかろうとひまわりが太陽に向かうような、皆さんはそのような姿勢でなければなりません。分かりましたか。 そのようにしますか。誓いますか。私が長く待つことはありません

●またも断行!伝統破壊。勝手に「真の神の日」(天の父母様の日)を移動することは許されるのか?
それで、これからは、この間53年間、摂理を進めてきたことを、基元節を迎えるための準備でありました。しかし基元節からは、新しく進まなければなりません。新しい歴史、新しい時代、それをどのようにしなければなりませんか。人間としてもっとも、大きく考えなければならないことは、子女であるならば父母です。父母の聖婚記念、この日は、永遠に人類の前に展開していくべき日であります。1月1日に神の日を定めた8年ぶりに、二十数年、いろいろ言いましたが、摂理の完成は春です。春から出発し完成しなければなりません。それで、すべての行事は、真の父母の行事も、3月16日、天の父母様の日も3月16日となります。なぜそのようにならなければならないか、先ほど私が説明しましたね。忘れてないですね。天の父母様の出発が春であります。春に希望が実るように、人類の前に天の前に最高の日は、3月16日であります。わかりましたか? これからの行事はそのように行います。わかりましたか? 嬉しいですか? 愛しています。

●映像を見る限り、だれも嬉しそうな顔をしている人はいない!

 

 

●おわりに

特別集会参加者の表情は(マスクごしではあるが)一様に凍りついている。あきらかに、抗議のためであろう、拍手を拒絶する幹部も多数いることは明らかです。
7か国復帰どころか、焼け付け場の実績作りのための「韓鶴子劇場」で、残ったのは大量の借財ばかり。更に、理由も目的も不明の「御宮」建設の献金ノルマは、日本に押しつけられることになることは明らかではないですか!

「独生女論」は真理ではございません!したがって「家庭連合」は神とも再臨主とも無縁の方向に行ってしまっています。

いまこそ、真の血統相続者「文亨進様」のもとに結集いたしましょう!

 

祈り。アージュ

 

 

●お母様メッセージ(2020年5月8日)
下をクリックしてください。↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=ju--T3YMJJw&feature=youtu.be

 

 

●応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

  ●「 日本教会教義研究室」2つのお伺い書
ダウンロードは以下↓↓↓よりお願いします。

 

drive.google.com

 

drive.google.com


●『成約摂理解説4章2節』↓↓↓

日本家庭連合はどのように「独生女論」を構築したかの証拠資料です。

drive.google.com

 

●以下の2つの記事のダウンロードもお勧めします!

 韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com