「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

7回連続・その5「聖霊の涙」菅井ブログ・絶対廃刊しなければならない7つの理由

f:id:touituseiden:20210903181113j:plain

夜の神様の啓示宣言は独生女論と同じ「神性冒涜の罪」である。


 

文責:川原德昭(かわはらのりあき)


●第五の理由:菅井氏の「夜の神様からの啓示」宣言は、韓鶴子女史の「独生女論」宣布と同じ、自己の位置を離れた「神性冒涜の罪」である。

 


●●はじめに

以下のコメントは、8月22日「私の謝罪要求投稿」に対し、菅井氏自ら返答したものです。

 

●私の謝罪要求コメント

私、川原徳昭(かわはらのりあき)は「無住心」なるハンドルネームで投稿したことは、ただの一度もございません。明確な釈明と謝罪を求めます。私のハンドルネームは「家庭連合の研究」時代の「とうごまのヨナ」だけです。私は「家庭連合の研究」終了後、他の方のブログは今月8月19日以前一切閲覧しておりません。当然あなたのブログもです。7月24日の記事で私を正体を現さない姑息な卑怯者のように罵倒しておりますが、誹謗中傷がひどすぎませんか。他人を実名批判するあなたは、ほんとに神様からの啓示を受けておりますか。いのり。
川原徳昭2021-08-22 02:08:53

 

●菅井氏の返答

>川原徳昭さん
昨日、返答したのと同じコメントですね。
今年3月に、ズームではありますが、面と向かって川原さんに外と内から革命を始めると宣言しました。
日本サンクチュアリ協会をここまで落としてしまった張本人・川原さんへの宣戦布告でした。私と対峙することは、夜の神様と向き合うことと理解してください
諸星くると2021-08-22 06:46:57  

 

●菅井氏の『「夜の神様のメッセンジャー」宣言』

菅井氏の返答で驚くことは、菅井氏が『私と対峙することは、夜の神様と向き合うことと理解してください。』とコメントしていることです。
このコメントは氷山の一角にすぎません。
菅井氏が『「夜の神様のメッセンジャー」宣言』をしていることは公知の事実です。

第5回目の今回は、堕落論「堕落性本性」を根拠に、菅井氏の「神性冒涜の罪」を解明します。

 

●●第一章 
原理講論『堕落論』の「堕落性本性」の概要

『天使が神に反逆して、エバと血縁関係を結んだとき、偶発的に生じたすべての性稟を、エバはそのまま継承したのであり、こうして天使長の立場におかれるようになったエバと、再び血縁関係を結んだアダムも、またこの性稟を受け継ぐようになった。そして、この性稟が、堕落人間のすべての堕落性を誘発する根本的な性稟となってしまったのである。これを堕落性本性という。』
(原理講論P122)

*注)江利川会長によれば、アボニムは「堕落性本性」という用語は原理的におかしいと指摘されたそうでありますが、ここは「原理講論」のまま紹介します。

 

●第一の「堕落性本性」(『神と同じ立場に立てない』)

○自己中心 ○相手を祝福できない ○ねたみ・嫉妬心 ○我執(ケチ)

 

●第二の「堕落性本性」(『自己の位置を離れる』)

○過分な欲望(虚栄心) ○浮気 ○血気怒気 ○自己の責任放棄

 

●第三の「堕落性本性」(『主管性を転倒する』)

○傲慢(強情) ○天狗になる ○素直になれない ○下剋上

 

●第四の「堕落性本性」(『犯罪行為を繁殖する』)

○嘘をつく ○人の陰口をいう ○被害者意識を持つ ○責任転嫁

 

●●第二章 
聖霊の涙」菅井ブログが悪霊に支配されている立証

「その木が正しい木であるかどうか、その「実」を見れば分かる」のです。
「実」とは第四の堕落性本性『犯罪行為を繁殖する』で判別できます。

 

●「嘘をつく」

・これは、私が「第一の理由」で指摘したとおり。
・菅井氏は、私が「無住心」なるハンドルネームで投稿したと指摘、嘲笑を浴びせるのであるが、「無住心」氏本人が登場したにもかかわらず、潔く自らの過誤を認め謝罪しようとしません。

 

●「人の陰口をいう」

・「聖霊の涙」菅井ブログはもはや、「大衆週刊誌」です。理由もなく実名でゴシップを垂れ流しています。
・実名をあげ、「人の陰口をいう」のは、『犯罪行為の繁殖』です。
・松本氏をはじめ、中村氏、江利川総会長までが、悪霊の生け贄(いけにえ)にされているのです。

 

●「被害者意識を持つ」

・「聖霊の涙」菅井ブログの論調は、まさしく自分は「夜の神様のメッセンジャー」であり、多くの信徒から誤解され迫害されているというものです。

 

●「責任転嫁」

・「潔く自らの過誤を認め謝罪しようとしない」姿勢は、「責任転嫁」そのものです。

 

●結論

・第四の堕落性本性『犯罪行為を繁殖する』で判別すれば、「聖霊の涙」菅井ブログは、完全に「悪霊支配の機関誌」と成り果てていることが判明します。

 


●●第三章 
聖霊の涙」菅井ブログの動機は「私怨」(第一の堕落性本性)にある

 

●第一の堕落性本性(神と同じ立場に立てない)
○自己中心 
○相手を祝福できない 
○ねたみ・嫉妬心 
○我執(ケチ)

 


●菅井氏のブログ執筆の動機は「私怨」である。

第一の理由の記事で、「聖霊の涙」菅井ブログのコメント欄の応酬記録を確認していただければ、菅井氏の本性(ほんしょう)が判明します。
それは、
わたしから「本部礼拝で神様の啓示であると発言してはいけない」と指摘されたときに、血気怒気にかられ、「怒鳴りつけた」態度に現れています。
・本部礼拝で、続編を江利川総会長が許可してくれない。
・自らの小冊子は公費で出版してくれなかった。
等々の「ぼやき節」は、

第一の「堕落性本性」(『神と同じ立場に立てない』)
○自己中心 ○相手を祝福できない ○ねたみ・嫉妬心 ○我執(ケチ)

この「原理講論」の記述そのままに合致することを発見します。

 

 

●●第四章 
「夜の神様の啓示」宣言は「神性冒涜の罪」
(第二の堕落性本性『自己の位置を離れる』)である。

 


●「夜の神様の啓示」宣言

私は「夜の神様」についての詳細な原理的な解釈・定義を知りません。
ただ、一点理解しているのは、「夜の神様」が「イエスキリスト」「再臨主」という、創造本然の人間(メシヤ)とのみ相対基準を結びうる存在ということです。

こう考えますと、菅井氏の「夜の神様の啓示宣言」は、自らが「メシヤ」と同等の位置であることを宣言したことになります。

これは、あきらかに、次の

第二の「堕落性本性」
『自己の位置を離れる』
○過分な欲望(虚栄心) ○浮気 ○血気怒気 ○自己の責任放棄

を意味しているのです。

 


●●第五章 
「内外の革命宣言」は「第三の堕落性本性」(主管性転倒の罪)である

 

●菅井氏が主張する「内外の革命」宣言

菅井氏は、ブログの中でも、「コメント応答記録」の中でも、自らのブログ執筆を「内外の革命」の一貫として行っていることを主張します。
革命の矛先は、日本の中心である江利川総会長にむけられ、また本部事務局に向けられます。
実名で、その非をあげつらい、嘲笑し罵倒します。
ところが、自らの「代案」(理想的な姿)は一切提示しません。


●菅井氏が主張する「内外の革命」は「共産暴力革命」

「原理講論」の中には、民主主義革命には、「アベル型の民主主義革命」と「カイン型の民主主義革命」が紹介されています。

菅井氏の「内外の革命」は、まさしく、フランス型革命(カイン革命)であり、その延長線上にあるのが、ロシア型の共産暴力革命です

フランス革命は、とにかく現有支配者層の打倒(ギロチン政治)が優先され、革命の目的や理想の構築は、革命の中で対処療法として「焼き付き刃」実施する、「暴力革命」でした。

そして、皆様はもうお分かりになったと思います。
この菅井氏が主張する「内外の革命」は次の「第三の堕落性本性」の現れなのです。

 

●第三の「堕落性本性」
『主管性を転倒する』
○傲慢(強情) ○天狗になる ○素直になれない ○下剋上

 

 

●●おわりに

今回は、「原理講論」堕落論の中の「堕落性本性」の項目に照らし合わせながら、「聖霊の涙」菅井ブログの根本的な問題点を指摘しました。

菅井氏が主張する「夜の神様の啓示」宣言は、「自己の位置を離れる堕落性」であり、韓鶴子女史の「独生女論」宣布とまったく同じ犯罪行為です。

 

聖霊の涙」菅井ブログは、通常の一線をもはや越えてしまいました。

 

私は、菅井さんが素直に悔い改めて、このブログを自主廃刊されることを、切に祈念いたします。


以上

 

●応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com