「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

■天聖經(32) 第5巻「地上生活と霊界」 第3章 霊界

f:id:touituseiden:20211016122902p:plain

 

第3章 霊界

1)肉身をもって体恤可能な霊界

2)霊界はどのような所か

3)霊界の内容と状況

4)霊界の立場と実相

 


1)肉身を持って体恤可能な霊界

 ①霊界と時

 

 今我々が、どの段階まで来たかというと、霊界と肉界を世界的舞台でつなげ得る段階に来たのです。
 霊界と肉界が世界的に一つになり得る場は、静かな場ではなく、世界が揺れ動く場、天地が揺れ動く場です。世の中はできないようにし、天はしようとし、二つが執拗な戦いをして、天が勝つことによってできるのです。それがいつかと言うと、ワシントン大会の時なのです。
 1976年を起点に、サタン世界が神様に対して讒訴できなくなったのです。サタンは直接神様を讒訴できないのです。霊界に行った先祖たちを讒訴することはあっても、神様を讒訴することはできません。
 そして、霊界のすべての霊人たちを動員して、地上にいるサタン勢力を追い出すのです。それで今まで、サタンがやった以上の善なることをできる基盤が形成されるのです。

 「統一教会を信じろ」と教えてくれるのです。イエス様が現れて、孔子が現れて、釈迦牟尼が現れて、ムハンマドマホメット)が現れて、自分の先祖が現れて、統一教会を信じなければ全部霊的に制裁をし、霊的に罰を与えながら追い込むのです。
 霊界が今まで分かれていたのを全部収拾して、今日世界が分かれたのを全部心情的に結んでいくのです。超民族的基準を中心として、ここに世界的代表を集めて、心情的に一つになるこのような運動をするために、霊界も一つになって接触するようになれば、ここから光を発して世界的な運動が大々的に繰り広げられます。
 今までは、西洋の霊界と東洋の霊界は互いに異なっていました。それを、どのようにして一つに結ぶことができたのでしょうか。
 一つの愛によって結ぶことができました。神様の愛を中心として、東洋、西洋の人々を統一教会合同結婚式を通じて、民族として結んでおき、氏族として結んでおきました。
 それゆえに、個人的な基準、家庭的な基準、氏族的な基準、民族的な基準、国家的な基準、世界的な基準をみな築いておきました。天国、霊界は、完全に我々にかかっているのです。(91-162,1977.2.6)

 

 ②これからの時代

 

 最近、統一教会に新しく入ってきた食口たちを見ると、霊的に先生と出会い、教えを受けて来た人たちが多いのです。そのような人たちは遠くない将来に、一国の王になることもでき、一国の大統領になることもできるのです。いつ、どのようになるか分からないのです。全世界的にそのような人たちがたくさんいるのです。これから、アメリカのような国には、一人で歩きながらぶつぶつ話す人が絶えず増えることでしょう。これから全霊界が、地球上に襲撃して入ってくるでしょう。そのようになれば、これを誰が総指揮しますか。これは先生の責任です。(67-77,1973.5.20)

 

 皆さんはこれからいい加減にしては、先生の前に絶対に現れることができない時が来ます。その時になって、先生が霊界の門をすべて開くでしょう。門の前に来ていて、そのような者が現れれば「こいつ、何しに来た」と言いながら、門前から追い出してしまうのです。これからは専門的な面を中心として、世界を収拾する時に入るでしょう。今、世界にはどんな人たちがいるのでしょうか。イエス様の時と同様の人たちが、世界にいるのです。復帰時代である以上、先生がまだ、そのようなことを言ってはいけないために、言わないのです。
 神様はさせませんが、先生の代わりに、ありとあらゆることをする人たちが世界には大勢います。空中を飛ぶ人もいるし、水の上を歩き回る人たちもいるし、千里、万里を瞬く間に行く人が、今、いくらでもいるのです。間もなく先生がそのような人たちを、あのヒマラヤ山脈から、修行の世界から呼んでくる時が来るでしょう。
 そのようになるのに、世界が統一されますか、されませんか。神様の全権が平面化して、再創造歴史に、理想的な愛に呼応できない一切の与件は全部破綻して、新しい世界に入るでしょう。
 これが先生の見る、今後における超感覚時代の世界観です。愛だけが超感覚時代の世界観を形成することができるのです。超感覚時代で愛するようになれば、つかんだまま離そうとしません。神経を越えようとsます。それゆえ、神様の愛だけが、それを平面的に歓迎し得る世界時代に入るのです。
 先生は祈る中で、そのようなことを知っています。皆さんの知らない、そのような何かがあるのです。皆さんに話をしないので、先生は何も知らない人のようですが、みな知っているのです。今がどんな時かというと、実体の体で霊界を完全に支配する時です。先生が霊界の内容をもって、真理と体をもったために、サタンも屈服しなければならず、天使世界も完全に屈服しなければなりません。それゆえ、仏教に精通した人とか、キリスト教に精通した人たちは、全部先生の前に屈服しなければなりません。
 霊通する人たちが、先生が「死ね」と言えば死ぬことができてこそ、実体完成圏をなして、地上天国を開門するのです。
 「その様な世界になった」と思ったとき、仕事をする時があるでしょうか。その時、先生の考えを知ったなら、皆さんはあぜんとするでしょう。「どうして、あのようになったか。どうして私があの様にしたか」と、そういう時が来るのです。冗談ではありません。恐喝、脅迫ではないのです。そのような時が来ます。統一教会の食口の中にそのようなことが起きるでしょう。(60-194,1972.8.17)

 

 ③霊的体験も必要

 

 皆さんは涙を流しながら、「私はこの顔では、そのまま帰れません。死ぬことがあっても、帰れません。死ぬよりもっと悲惨です」と、その様な祈祷をして回らなければなりません。皆さんが祈祷しながら霊的体験をたくさんすれば、復活するのです。
 皆さんが考えに先立って、いつもそのような心情で立ち上がるようになれば、神様が役事するのです。皆さんが話して教えるすべての言葉の前に、神様の心情を感じるべきです。言葉のあとに立つのではなく、言葉の前に神様の心情が先立たなければなりません。それゆえ、いつも謙遜でなければならないのです。
 ですから、自分は何とも言えないほどに、後ろに行かなければなりません。そうなれば、神様の心情が前にあるのを感じるのです。それは何ですか。自分を常に導いていくのです。そのような立場に至れば、多くの群衆が集まっても、みな教育することができるのです。
 そこでは何だか分からずに、全部教えてくれます。それでも自分が言う声なので、自分の耳にも聞こえます。自分が話す声を聞けば、不思議なのです。その境地に至れば、言いながらジェスチャーをしても実に自然なのです。どんな表情をしても、それがみな自然なのです。ぎこちなくありません。そのようなことを感じながら働いてこそ、生命の運動が繰り広げられるのです。(96-168,1978.1.3)

 

 霊的世界を体験するということは、四次元の世界に通じるということです。また、そのようなとき、何千年前に生きて死んだ先知先烈たちも、今日の自分と因縁を結んで対話することもでき、相談もするというのです。すなわち、今日、実際の生活的な時間圏内で、自分が経験することができ、また肌で感じることができるのです。(4-225,1958.5.4)

 

(2021.11.29:写経奉献)

 

 ④霊的体恤の過程


 我々が信仰の主体である神様を敬うその立場に立っているとしても、それは曖昧です。では、それ自体をどこから探すべきでしょうか。
 主体は確定していますが、「私」は感じることができないのです。我々が五官で分かるように、そうだということを確定づけることができないのです。これをどこから調べることができるかという問題を考えるとき、主体から調べることはできません。神様から調べることはできないのです。これはどこまでも、「私」から調べなければなりません。「私」という存在には、体と心があります。体と心があるのに、体を中心としてはこれを調べることができません。心を中心として調べなければならないのです。
 今日、堕落した我々人間たちを見るとき、その心自体が千人なら千人、万人なら万人が全部同じでしょうか。その根本は同じかもしれませんが、心自体は素性に従って違うのです。全部が同じではないのです。それは、なぜそうなのでしょうか。顔が違い、趣味が違い、我々の感じる感情が違うのと同様に、その度数を描くことができる平行線と垂直線が違うのです。その度数を合わせなければならないというのです。
 そうするには、どのようにすべきでしょうか。天が主体なら、その主体の前に「私」が対象的な立場に立つのです。主体となる神様は、人間に対象として感応することができる基礎を必ず与えたために、平面的な心の根本の基準の前に垂直に向かう、そのような方向がなければなりません。必ずあるということです。
 我々が水平線を見るようになるなら、これは平面になっていますが、これが垂直に立つようになれば、この垂直線の基準が全部違うのです。では、そのゼロ点基準をどのように合わせるかというのです。こちらに行けば、必ず反対になるために、そのゼロ点を合わせなければなりません。皆さんが発電所に行ってみれば、メーター器がたくさんあります。メーター器にゼロ点基準のようなものがあって、それを中心としてすべての加減の調整をして、その方向や力や量の対比を定めるのと同様に、そのようなゼロ点基準がなければならないのです。
 では、ゼロ点基準とは、どんな位置でしょうか。ありながらもないようであり、ないながらもあるような位置です。その位置があるのです。それゆえ、今日座禅をする人たちが、「無我の境地」という言葉を使いますが、それもやはりそのような境地なのです。そのような霊的基準に接近することができる「私」にならなければなりません。そのような基準になれば、必ず自己の水平線基準が反応することができる、そのような何かがあります。
 それゆえ、心も見てみると、心の門があります。心門と言います。そうでありながら、その門がいつも一面でだけ開かれているのではなく、心自体が回っているために、その門も移動するのです。それゆえ、この門を通らずには、プラスを中心として、マイナスの立場で関係を結ぶことができないのです。人にはこのような心門があるのです。
 皆さんが祈祷をしてみれば、時間によって感じが違います。午前1時に祈祷するのと、3時に祈祷するのとは違います。それは皆さんが体験してみれば分かります。神秘的な深い境地に入って祈祷してみれば、祈祷する時間によって違うのです。感じが違うのです。朝に感じるのと、真昼に感じるのと、夕方に感じるのと、夜に感じるのと、すべて違います。
 そのように、我々の心の状態からも、感じるその基準が違うのです。我々の肉体的な感情が、四季の季節の変化によってその感じる感度が変わるのと同様に、心の世界もそうなのです。それゆえ、祈祷をするにも、どんな時間によくできるかを知るべきです。それはどういうことかというと、神様との感応の度が近いのです。よくできるというそこに、だんだん入るようになれば、門に出会うようになるのです。神様の心の門と、人間の心の門がぴったりと合って、ある基準まで合わせて入るようになる場合には、神様が感じることを体恤する道が生じるのです。
 皆さんがこのような場に入るためには、どのようにすべきでしょうか。心を磨かなければなりません。
 神様のみ旨を中心として広がった宗教もありますが、サタンの意を中心として広がった宗教もあります。これらが全部混ざっているために、それをより分けて行くということは、限りなく難しいのです。
 このような結果と同様に、我々の心の世界も同じなのです。心も、善の心があるのと同時に、悪の心もあります。では、皆さん自身の心が「ああ! 私は善だ」と、このように考えていますが、そのような心自体も善ではありません。堕落の結果によって成されたために、悪の心の圏、悪なるサタン圏に感染した心をもった人もいて、善の圏内の心をもった人もいます。千態万状の差で広がるのです。
 それゆえ、信仰生活で一番重要なこととは何でしょうか。心の門をどのように合わせるかということが、信仰生活で最も重要な問題です。それゆえ、皆さんが信仰生活でいつも注意すべきことは、心の門が開く時を知って、天の心の門とどのように合わせるかということです。それは、皆さんがいつも準備しなければならなりません。随時、探して合わせる生活態度が必要です。
 それゆえ、いつもその深度を見極めていきながら、心の門を開くようにして、そうしながら天が向かう門とどのように一致化させるかという問題が、信仰生活で最も貴いと思います。
 だんだん、この相対的立場に立てば、どんな現象が起きるでしょうか。今まで感じたことのない、新しい立体的な感じが来るのです。それが、何だか分からずに来るのです。
 昔は、冬のような気分だけ感じたのに、秋のような気分を感じるようになり、秋のような気分だけではなく、夏のような気分も感じられ、春のような気分が感じられるのです。なぜそうなのでしょうか。この宇宙は回っています。心も回ります。それゆえ、回りながら春夏秋冬の変化を引き起こすのと同様に、我々の心の世界も、回りながらそのように変化する感度を感じるようになっています。
 1年を見ると春夏秋冬があり、1年を縮小したのが1日ですが、1日にも春夏秋冬があるのです。朝は春に該当し、昼は夏に該当し、夕方は秋に該当し、夜は冬に該当するのです。
 このように、春夏秋冬の季節的な形態が、1日の間に繰り広げられているのです。また、春に該当する朝でも、そうです。そこでも、春のようなものを感じ、夏のようなものを感じ、秋のようなものを感じ、冬のようなものを感じることができます。大きなものは大きなものを中心として単位の形態を備えていますが、小さいものも、相対的なその単位の形態を備えているのです。
 我々の心もそれと同様です。それゆえ、心に感じられる感じがいつも同じではないということです。季節によって自分が春だというのが分かればいいのですが、分からないのです。冬だ、ということが分からないのです。これを多くの体験を通じて、多くの祈祷生活を通じて「あ! 今、このような時に処しているな」ということを、わきまえるすべを知らなければなりません。
 そのような境地に入るようになれば、どのような現象が起こるのでしょうか。我々の言葉に暗示という言葉があります。それはどういう言葉でしょうか。自分が道を何気なく行くのに、ある良い家の塀にとまっていた鳥が飛んでいくのを見たとき、鳥は飛んでいってしまうのですが、ばたばたと鳥が飛んでいくそれ自体を通じて、内的に何かを教えてくれることが起きるようになるのです。
 実際の生活において、そのような形態が展開され始めるのです。暗示的条件が多くなるのです。ある人が偶然に言ったことに何かを悟らされるようになります。このような事実が、だんだん多くなるのです。
 この段階を過ぎるようになれば、どのような形態が起こるでしょうか。夢のお告げのようなことを体験するようになります。夢の中で起こることですが、夢も深い眠りの中での夢ではありません。パウロも、夢うつつの間に「第3の天」を体験しました。
 そのようなことを、何気なしに流して過ごすなというのです。それを総合して、どんな方向の因縁を自分につなぐために現れるのかということを、科学的な面でデータを出せと言うのです。必ずその結果が現れます。それゆえ、皆さんが忘れることができない夢のお告げのようなことは、100パーセント的中するようになります。そんな体験があるでしょう。
 夢うつつの間に、ある人なら人、物なら物が因縁づけられたので、それが事実の中で実際につながるのです。私が夢の中で誰かと歌っているのに、その歌が夢の中の歌ではなく、横で誰かが歌う歌が正にその歌だった、このようなことが起こるのです。これはどういうことを言うのかと言うと、霊的次元において、心の状態が共鳴することができる圏内に入ることを言います。音叉というものがあります。共鳴することができる圏内に入ることを言います。このようなことを、限りなく貴く思わなければなりません。
 そのようになれば、どうなるでしょうか。神様がいるなら、その神様がどこに現れるのでしょうか。空中に現れるのではなく、心を通じて現れるのです。
 皆さんが、そのようなことを感じられないのは、なぜでしょうか。心がまだ存在を確立できていないからであり、体に引きずり回される人になっているからです。その心が存在を確立して、また他の一つの主体だという、そのような人格的な次元の立場が形成されれば、それは必ず違ってきます。
 祈祷をして次元が高くなれば、心と話すのです。共鳴する現象が起こるのです。これは次元の高いことですが、そのようになれば、心の中で言うことを自分が聞くのです。そのような境地で発展していくのです。最初の段階では、暗示のような事実が皆さんの生活で起こります。
 それゆえ、信仰者はこのような膨大な資料を収集しなければなりません。接する人がいれば、何気なく接するなというのです。彼が自分に何をもたらしてくれるのか、いつもおなかのすいた者の心情になるべきです。彼が自分に何をもたらしてくれるかと、そのように求める心がなければなりません。結局、彼自体は何でしょうか。自分がいつも主体になるとか、対象にならなければなりません。確定的な主体であり、確定的な対象の立場にいるという事実を言うのです。
 それゆえ、主体となり得る存在が現れて、対象的な存在が現れれば、一遍に分かります。自分が誰か伝道する人がいれば、一遍に分かるのです。むしょうにただ心がうれしくて行くのです。それを「心波」と言います。心の波長があるのです。
 肉の商売をする人は、肉屋のにおいがして、布(生地)の商売をする人は、布のにおいがします。皆さんの体からもにおいがするのと同様に、心のにおいがするのです。その心のにおいをかぐのです。そのような形態が繰り広げられるのです。
 我々の体には、触覚のようなものがあって、全部接触します。それで、見えない電波のようなものを発射して、対象を探しています。
 それゆえ、信仰する人の態度は、全部自分と関係していると考えなければなりません。なぜそうすべきなのでしょうか。堕落によって、すべての関係を失ってしまったのです。自然に対する関係、本然の人間に対する関係、神様に対する関係を、全部切断してしまったのが堕落です。切断した関係の世界を、我々が再び接続させるためには、いつも自分自体が接続させ得る作用をしなければなりません。そのような作用をしてこそ関係が開拓されるのであって、接続しようとする態度をもたなければ開拓されません。
 皆さん全部が何かを探す心がなければなりません。皆さんが朝に祈祷し終えると、「あ、きょうは良いことがある」というのが分からなければなりません。「良いことがあるから、そのごとく良いことが現れるだろう」と、これではいけません。それを探さなければなりません。このような生活態度が、皆さんの信仰生活にならなければなりません。それゆえ、体恤と実践ということは、生命の因縁をもたらすと言うのです。夢うつつの中に、このような事実が繰り広げられます。
 その段階が高くなれば、どのようなことが起こるでしょうか。啓示とか指示とか、このようなことが起こります。啓示というものを、我々は分析しなければなりません。指示というものは、直接教えてくれるものですが、啓示は違います。
 それゆえ、問題が起こるのです。これは、必ず解釈をしなければなりません。何かを教えてくれるには、声で聞かせてくれたりもしますが、幻想でも見せてくれます。良い春の日を迎えて、鹿が1対、小川のほとりで水を飲みながら、遠い山を眺める、このような幻想は、限りなく幸福な希望を象徴するのです。そのように、いろいろな幻想が繰り広げられるのです。
 そのようなことは、偶然の事実ではありません。自分の心の畑を啓発するための、天の役事です。なぜそうすべきなのでしょうか。我々の心の畑というものが、ガラス板のように平らになっていないのです。でこぼこしているのです。形は水平のような面をもっていますが、それ自体はでこぼこなのです。でこぼこしたここに、天の感度が反射して来るようになると、光の屈折と同様に、入ってくる方向と反対の方向に反射して出ていくのです。それで、全部が違うのです。部分部分を啓発しようとするので、そのような役事をするのです。
 啓示の段階を過ぎるようになれば、次は黙示の段階です。1日中霊界に入って体験をするとか、そういうものです。そのような世界にまでつながるのです。神様に対する、生活的な感情圏まで到達することができます。
 皆さんがこのような体恤的な信仰をしなくては、偉大な天のみ旨の結果世界を、我々の生活の場、生活舞台に適用させることはできません。それゆえ、体験をもたない信仰者は、信じることができません。体恤的な信仰が高貴なために、啓発していかなければなりません。
 我々食口たちは、祈祷する中で役事をします。役事というものがあります。霊的な力が電気作用のように入ってきます。皆さんが体験をしてみれば分かりますが、高圧電気に接したような、我々の意識より強い力が入ってきます。超自然的な、超人的な感情が訪れて入るようになれば、我々の体が、堕落性を持っているために、必ず反発するようになります。神様の神性と反発するようになります。
 それゆえ、堕落した人間の前に、ある神の性稟が強力に入ってきても、自然に純化する立場になれないのです。これが入ってくるには、プラス、マイナスのように、音波も強弱で伝播していくように、必ずその力も一遍にすっと入ってくるのではありません。強く入ってきたり、弱く入ってきたり、こうしながら開拓して入ってくるのです。そこに震動が起こり、自分の意識がなくなり、霊的な力が強く作用する現象が起こるのです。それが役事として現れるのです。
 このような役事を絶えずするようになれば、どうなるでしょうか。この体が、肉性というものが、堕落性が、それに純化して自然に100パーセント受け入れられるように成るのです。そのようになれば、そのような現象がなくても、役事以上の立場に入って、天が教えてくれることをみな受けながらも、寸分の狂いもないのです。このような現象の過程を経て、純化する立場にまで上がらなければなりません。その過程で、啓示とか指示とかいう過程を皆さんは経なければなりません。
 皆さんがそのような体恤段階に入れば、皆さんの心が皆さんに命令するのです。誰かにこのように話をしようとしているのに、言葉が話せないようにするのです。あるいは、自分が良いことをその人のために言わなければならないのに、しかる言葉ばかりが出てくるのです。このような現象が起こるのです。このように理解できない現象が時々起こるために、これを調整するすべを知らなければなりません。まかり間違えば、狂人として扱われやすいために、それを調整するすべを知らなければなりません。
 このような体恤的信仰を、必ずもたなければなりません。心で感じたことを、体恤したことによって、実験を通じた体験の立場に入るようになれば、その人は強くなるのです。誰の言葉にも左右されません。体恤と実践、これは我々の信仰生活に最も必要なことです。
 そのような境地に入るには、どのようにすべきでしょうか。大概、我々人間は二つの種類に分けられます。一つは知性的な人で、真理で何かを探求して、道理に合えば認めて、道理に合わなければ否定するタイプの人です。また他の一つは、そのような道理よりは、思いで把握する人です。それを我々統一教会の術語で言えば、「知的だ」、「霊的だ」と言うのです。霊的な人は、内的な面から感じて、外的に作用しようとする人であり、知的な人は、外的な面から感じて、内的に適用しようとする人です。一つは出ていき、もう一つは入ってくるのです。この二つの種類があります。
 そのような立場にあるために、知性的な人は、大体祈祷を嫌います。それを考えると、迷信のようであり、信ずることができず、自分自体が否定されるような感じがするのです。これは、知性的な人です。理論を明らかにして、何かを探そうとする人、そのような人がいるのと同時に、生まれつき「神様!」という言葉が、とても好きな人がいます。説明する前に無条件に喜ぶのです。「お父様」と言うようになれば、御飯を食べなくてもいいと言うのです。そのような人がいます。
 大概、霊的な運動において、革命的な運動をすることができるのは、どのような人でしょうか。知性的な人はできません。大概、信仰世界で偉大なことをする人は、知的な人ではなく、無学で愚鈍な人です。そのような人は、霊的な人です。
 世の中がどうであれ、感じるままにするのです。神様が「せよ」と言ったからするのです。やってみると、それが実践する環境に百発百中する、そのようなことが起こるのです。これによって、偉大な人物として登場することができるということも起きるのです。パウロのような人も、知性的な人です。しかし、ダマスコで天の霊的な雷に一度打たれてから、気が狂ってしまったのです。ですから、外的に探求することよりも、内的に爆発的な道があるということを感じたために、全部否定して尊重視したのです。そこから、新しいキリスト教の革命の旗手になったのです。
 それゆえ、理性的に問いただす人は、宗教的な心霊世界では指導者になれません。
 我々人間には、2種類がありますが、自分はどのようなタイプの人かということを知るべきです。大概、霊的に感じる人は、霊的には大きいのですが、真理の面では大きくありません。初めは太くとも、細くとがるようになれば始終如一(注:始めから終わりまで同じ調子であること)でないために、永遠に行けないのです。ある時には、必ず転がり落ちます。また、真理は大きくても、霊的な面が小さければ、永遠に行けません。それゆえ我々は、これを調整する生活をしなければなりません。
 祈祷と真理、神霊と真理で礼拝せよという言葉があります。それは何かというと、平衡をつくって和する場に入れというのです。我々人間は、霊界と肉界を調整しなければなりません。霊的世界の中央に立つべきです。真理の世界の中央に立って、調整し得る人間にならなければなりません。そのような人間にならなくては、完全な立場に立つことはできないのです。(76-125,1975.2.2)


 ⑤霊的感覚の発展方法


 ある人を恋しく思う心情をもっていれば、その人に接することができないように塀で妨げておいても、その塀を乗り越えるということが起こります。
 先生が口をつぐんでいても、そのようなことが起こります。霊界からその間隔を埋めてくれます。私が興南の監獄にいる時も、言葉では伝道しませんでした。無言で伝道したのです。霊界が動員されて、協助してくれました。してくれなければ大変なことになるためです。同様です。それゆえ、皆さんが地方に出ていっても、このようにしなければなりません。先生は1960年代に、名が知られた所へはみな行ってみました。
 きょう、道を歩いていて、「どのような人に会うだろうか」と考えなければなりません。最初に会う人はどのような人か、2番目に会う人はどのような人か、3番目に会う人はどのような人かを考えて、「お父様、どのような人ですか、私はこのような人に会うのを願いますが、どのような人ですか」と祈らなければなりません。自分が考えて、祈ったその基準とぴったりと合うなら気分がいいのです。このような体験をすることによって、皆さんの霊的触覚が発達するのです。
 そのようになれば、道に出ると「きょうはこのような人に会うだろう」という感じがするのです。人の霊は、無限に通じるのです。「きょうはこのような人に会うだろう」と思い、実際そのような人に対するようになれば、「ああっ!」と言ってびっくりするようになります。このように、自分の思いと霊界から教えてくれた霊感が、実際の事実と一致するときが多いのです。このような体験を積んで、上がっていかなければなりません。(30-150,1970.3.21)


 ⑥君臨(実体役事)


 霊と肉は、本来、真の愛を中心として一つになるようになっているのであって、偽りの愛を中心として一つになるようになってはいません。それゆえ、真の愛の起源を探さずには、これが一つにならないのです。その立場を皆さんが越え、天の祝福を願って行かなければなりません。
 寂しい立場に行くほど、なぜ天が近くにいらっしゃるのでしょうか。世の中の愛を忘れ、天の愛の圏内に入るので、天が近くに来るのです。天が直接的に現れて関係するのです。神様の直接主管圏内ということです。神様が現れても、皆さんは分からないために、先生が現れて代身になるのです。そのように直接主管を受ける圏内で生きなければなりません。(91-184,1977.2.6)


 皆さんは、先生とどのような因縁がありますか。祈祷の中で、あるいは夢の中で、先生を毎日見なければなりません。世界の統一教会の信者は、そのような体験をみなしなければなりません。霊界に対して知らなければならないのです。また、目を開けても、先生をみな見なければなりません。そのような人もいるでしょう。それで、これは歴史始まって以来、世界に初めて起こることです。それは、前にもなく、あとにもないことだというのです。
 そのことがだんだん強くならなければなりません。アダムとエバが堕落する以前に、神様に干渉を受けたのと同様に、皆さんの生活圏を先生が干渉しながら、全部指導してあげるのです。
 先生が「せよ」と言うことを、うれしい心で、浮かれて動けば、その世界に入るのです。先生は、一番難しいこと、できないようなことをさせましたが、「先生よりもっと楽しんでしよう」と言えば、その世界に一遍に入るのです。自分の生命を捧げてその場に立ち上がれば、一遍に先生が指導してあげるのです。(91-174,1977.2.6)


 我々統一教会の信者たちは、祈祷や夢のお告げの中で先生から指導を直接受けなければなりません。我々食口たちの中には、どこへ行っても、その立場で先生の指示を直接受ける人たちがたくさんいます。
 イエス様の時以上に実感のわくことがたくさん起こります。我々統一教会の信者たちは、先生に直接侍って暮らすのです。それで統一教会では、イエス様の時にあったこと以上のことが時々あるというのです。そのようなことがあるために、世界が統一教会と一つになることができるのです。
 今日、この死亡圏を通り過ぎようとすれば、決死的な祈祷をしなければなりません。祈祷は、一瞬だけするのではなく、24時間しなければなりません。このような自由な時代に、そのような体験をできずに直接侍りながら暮らせない人は、かわいそうな人です。
 祝福を受けた人は本来、そのような基準と経験があって、そのような内容に全部結びついていなければなりません。本来は、先生と霊的に接ぎ木して、一つになってこそ祝福対象者として祝福を受けることができるのです。(31-331,1970.6.7)


 我々は、「神様の心情」を言います。神様の心情は、どこにあるのでしょうか。祈祷の中で声を聞いてみれば、「先生の言葉をよく聞け。先生を悲しませてはいけない。先生を喜ばせてさしあげなさい」と言うのです。それしかありません。そのように教えてくれるのです。そして、先生に会いたくて眠らずにいると、霊界が開いたというのです。それゆえ、体恤がなくてはいけないのです。(76-152,1975.2.2)


2)霊界はどのような所か

 ①霊界と肉界

  イ)霊界、肉界の中心


 皆さんは、霊界について相当に気掛かりでしょう。世界には、多くの宗教がありますが、その宗教が行く道は、霊界と関係を結んで、永生という世界、永遠に生きる世界、すなわち神様と共に生きる世界を探して行くのです。そのような世界が宗教の目的地です。
 しかし、今になっては、宗教はどのようになるでしょうか。だんだん脱落して、「宗教は、弱者たちが信じるものだ。我々人間に必要ないものだ。それは道義的な一つの表象として、人間たちが操作しておいたものだ」と、このように結論を下す時代に入ってきました。
 宗教の中心になるキリスト教だけを見ても、そのようになりました。アメリカが全世界のキリスト教国家の代表国ですが、そのようなアメリカの家庭で育った人たちが、宗教を離れて、今まで自分勝手に暮らしています。
 世界の中心であり、すべての理想の中心が神様なのに、その神様がいらっしゃる霊界を中心として理想を描いたそのようなキリスト教の中にいて、なぜ出てくるようになったのでしょうか。
 第一の原因は、永遠の霊界があることをはっきりと知らなかったからです。知能をもった比較の能力がある人間なので、良い所があれば、悪いものを捨てて、そこへ行くようになっています。より次元の高い価値のある所があれば、そこに行くようになっています。それが人間の本性です。
 第2の原因は、神様を知らなかったからです。
 第3の原因は、霊界の中心になり、神様の中心になる愛と関係を結べることが分からなかったからです。この三つが分からなかったのです。たとえ神様を知り、霊界を知ったとしても、愛を中心とした世界ということが分からなかったのです。
 愛がある所では、上がっても良く、下がっても良く、間にいてもいいというのです。愛する夫が自分より高いといって嫌だと、愛する妻が自分より低いといって、それを憎みますか。一つになれば、自由に低い所から高い所に上がることもでき、高い所か低い所へ下りてくることもでき、中間にいることもでき、どこでも行くことができます。制限がありません。それで世の中では、「この世界は、一つの世界であるべきだ。統一の世界であるべきだ。平和の世界であるべきだ」ということをよく口にするのです。(91-140,1877.2.6)


 霊界と肉界、霊的な存在と肉的な存在も同じです。ここは神様の愛、神様が中心になっています。我々が普通考える堕落した人間は、神様が中心になっていません。
 人間は、心と体から成っていますが、それは違います。次元が違うのです。心と霊界は違うのです。霊界と肉界とは、神様の愛を中心として言うのです。したがって、霊界と肉界が一つになるためには、必ず神様が介在しなければなりません。神様の愛を介在せずには霊界はありません。神様を中心として霊界というものがつながるのです。
 皆さんには良心があります。良心と霊界は、どのように違いますか。心と霊界は、どのように違うのですか。「自分の心も霊だろう」と、このように考えるかもしれませんが、混同しています。
 心は霊界ではありません。堕落したために、心は霊的世界と関係を結んでいません。いわば、骨のない人のようなものが、堕落した人間たちの心です。「骨のない人のようなものが、堕落した人間たちの心である」と考えれば実感がわきます。骨のない人のような形態が、堕落した人間たちの心というものです。
 霊人体を見ると、霊人体も体的な要素があり、心的な要素があります。霊人体の心のようなものが、霊的世界です。それは必ず神様と関係を結んでいます。それゆえ、神様と関係を結ばずには、霊人体の心のようなものが生じないのです。
 霊と心が違うということを知るべきです。心は、神様と関係ないのです。神様が離れたのです。神様ご自身が関係することができません。神様が直接主管できないのです。皆さんの心は、「ああだ、こうだ」と変わります。
 しかし、霊的世界、霊的存在は変わりません。それは、永遠に一つの目標を立てて、絶えず行くのです。それは、なぜそうなのでしょうか。神様の側に立っているためです。心は、人間内に属しています。行ったり来たりする人間内にいるのです。
 皆さんは原理を習っているので分かるでしょうが、生心とは何でしょうか。生心は、心と霊と合わさって、新しく一つの目的に向かって動くものです。神様を中心として、我々の良心と一つになり、理想的な自分をつくり上げ得る動機的心です。それで、その生心がなくては、霊界と真なる愛と関係を結べる、自体の根源を探すことができません。
 生心が自分に生じれば、体も喜び、全部それについていきます。自動的にこれらが一つになるのです。今まで、人間において一番問題になることとは、体と心が互いに離れているということです。霊的な力が自分に臨んで生心的起源にさえなるようになれば、心と体が自然に一つになるのです。そのような根本から革命が起こり、根本から是正する根源を発見できない限り、我々は理想を尋ねていく道理がありません。動機があってこそ結果が出てくるのです。
 宗教は生心を植えておこうということです。生心を中心として多くの宗教があります。ありとあらゆる形態があるのです。(91-142,1977.2.6)

 

(2021.11.30:写経奉献)

 

⑧霊界の中心は愛

  イ)霊界の空気は愛


 霊界は、どんな組織になっているでしょうか。あの世では、空気が愛です。愛が空気になっています。体と心が、このような地上で愛の感触を受けて和することができる要素として、体恤しなければなりません。体恤圏をつくっておくようになれば、ただそのまま通じない所がないのです。木の樹液が木の芽と木の根を通じるように、通じるのです。神様が喜ぶのを自然に自分が感じるのです。東方に向かって、神様のうたげが繰り広げられるということが分かるのです。(162-287,1987.4.17)


 霊界には、愛のねじがあります。愛の機械もあれば、軸もあります。モーターでいえば、回転するモーターの軸があるというのです。軸を全部ばらせば愛です。
 回るのも愛ゆえに回るのです。その秩序の調和というものは、心配する必要がありません。本質的な愛を中心として生きていけば、その世界はどこに行ってもみな、細胞と同じです。(126-240,1983.4.24)


 霊界で、呼吸できる空気は、愛です。愛の道理を果たしてこそ、神様が歴史時代に願った希望の実体を完成したという格をもつようになり、天国のどこに行っても歓迎するのです。
 それで皆さんの家庭は、天国に行くことができる訓練所です。修練所なのです。
 世界にはおじいさん、おばあさんのような人も暮らしています。拡大すれば全く同じなのです。お母さん、お父さんの年代、自分の夫、妻の年代、息子、娘の年代を拡大したものです。家庭で修練された者を四方に拡大して、「ため」に生きることができる愛の圏をもって生きる人は、天国に行くことができます。
 家庭は、天国に直行することができる修練所です。ケープ・ケネディ(現ケープ・カナベラル)のように、人工衛星を飛ばすことができる基地のような所です。このように、愛の原子爆弾を、愛の衛星を撃つことができる基盤が、皆さんの家庭なのです。(143-72,1986.3.15)


  ロ)霊界は愛中心の暮らしをする所


 あの世では、霊人たちが愛を中心として暮らします。それゆえ、愛の福をたくさん分けてあげなさいというのです。そこには涙が流れなければなりません。
 人は、良いときにも、悪いときにも涙が出ます。笑うことと泣くことには何パーセント差がありますか。笑うときは目を開けて笑いますが、泣くときには目を閉じて泣きます。笑うとき、あまりにも笑うと涙が出ます。顔の形も別に差がありません。目一つの差です。(212-166,1991.1.6)


 これから、芸術だけが残ります。愛に対する詩を詠むことができない人は、落第です。(211-246,1990.12.30)


 宇宙の核、愛の核はどこにあるでしょうか。愛の核があるというのです。前にアメリカでウプシロンという一つの素粒子を発見しましたが、「人間の能力ではその素粒子に接近できない」と言いました。それを見ると、霊界を自動的に公認すべき段階に入ってきたのです。
 驚くべき事実です。科学的に証明できなければならないのに、そうできないというのは、それが一つの良い契機ではないかと見たのです。それゆえ、それが四次元世界の起源を備えたのです。自動的に物質の世界が限界線に来ることで、霊界が明らかになるのです。限界線があるのではないのです。霊界と我々の心の中に限界がありますか。我々の心も霊界と同じなのです。程度の違いはありますが、同様の感覚があるために、霊物だというのです。(83-209,1976.2.8)


 我々が霊界に行くようになれば、真の愛の力でいくら遠い所にいる人でも、瞬く間に会うことができ、いくら遠い所にいる人でも、愛のため訪ねていくときは、瞬く間に故郷に帰ることができるというのです。
 霊界は、無限に膨大な世界ですが、何百万里、何千万里の距離も、瞬く間に愛を中心として行き来することができる世界です。愛は、最高の速度を出すことができます。しかし、皆さんの体と心の統一的愛の基台をもてないときには、その世界と「私」は関係ないのです。ですから、統一の起源が相対世界から起こるのではなく、「私」から始まります。(216-192,1991.3.31)


 ⑨霊界は心情の世界


 霊界とはどのような所でしょうか。霊界について話せば「精神病者だ」と言うために、話をしないようにしていますが、霊界とはどのような世界でしょうか。神様の心情と同レベルに立つことができる心情をもてば、何でも可能な、そのような世界です。
 心情の世界は、無限な幸福の世界です。しかし、そこへ行くには、千段、万段の訓練の階段を踏んで再教育を受けなければなりません。無限の試練を受けていきながら、1段階、1段階、何億万年もかかって行かなければならないのです。誰でもそのような運命の歩みをすべきなのです。西洋人や東洋人、みな行かなければなりません。自分のために涙を流す人ではなく、人のために涙を流す人でなければなりません。
 それゆえ、まごまごしないで、「さあ、やれ。私は死ぬ。死んでも行く。さあ、やれ。勝手にやれ。この心情の中で死んでやる」と立ち向かい、「お前が殺そうとしても、私の心情が生きている限り、殺せない。私は霊界にこの心情をもって行って、接ぎ木する」と、「お前が神様の心情圏を侵犯する? サタンの心情圏を侵犯することはできるが、神様の心情圏を侵犯できないのが天理の原則ではないか」と、神様の側から言うのです。サタンは、サタン世界の心情圏は主管しますが、天の心情圏は主管できません。
 それゆえ神様の心情圏を中心として、サタン世界を同化させてきたとすれば、霊界も同化されると見るのです。そのようになれば、天国の王国になり、東西南北、12の真珠門の中のどの真珠門を通っても、妨げる者がいないのです。皆歓迎するのです。なぜそのようになるのでしょうか。神様の心情に通じれば、どこからでも一つになることができ、どこにおいてもすべて和することができるからです。(106-229,1979.12.30)


 世の中の「主義」というものは、良心基準で意識革命の段階になるかもしれませんが、これからは宿命的に勝利することができ、最終的に勝利することができるものが出てこなければなりません。それが正に「心情」です。
 これから人類の心情を革命して、天道の基準を立て得る新しい歴史観が出てこなければなりません。この歴史観を基準に、新しい人生観と世界観を創建することができる心情的な主義が出てこなければなりません。では、その主義とはどのような主義でしょうか。それは心情的な人生観、心情的な世界観、心情的な宇宙観を中心としたものであり、統一教会は、正にこのようなことを教えてくれるのです。(16-252,1966.6.19)


 ⑩霊界の状況


 愛の理想によって和した神様の前に相対になれる人は、考えるすべてを即座に実現化できる人です。何千万人が宴会をするというとき、瞬く間に準備をすることができる世界が霊界です。自分が服を豪華絢爛にして、愛の対象として神様を一度楽しくしてさしあげるというときは、豪華絢爛になります。想像するすべてのことが可能な世界です。そのような世界が分かる人は、地上では生きる楽しみがありません。それゆえ、先生を監獄にほうり込んでも、先生にはそれが問題とはなりませんでした。短い世の中での暮らしは、永遠の世界で息を一息つくかつかないかの間と同様です。(211-244,1990.12.30)


 霊界に行けば飛び回るのです。真の愛は最高のスピードをもっているために、広大な220億光年にもなるこの宇宙も、真の愛をもった神様は、ぴょんと一歩で飛び越えるのです。皆さんも、すべて同じです。霊界では、いくら大きい宇宙があっても、そこは自分自身の活動舞台です。(213-277,1991.1.21)


 霊界に行けば、うらやましいことはありません。愛の化身体をダイヤモンドと比較できません。黄金の塊や、真珠と比較できません。宝石が問題ではありません。愛と化した化身体は、もっと美しいのです。(201-99,1990.3.11)


 あの世で芸術家に会うようになるなら、自分が芸術的なすべての素質を瞬間的に啓発して、ついていけます。万事が可能な世界です。ですから、あの世に行くようになれば、歌うところでは歌い、踊るのです。神様は、絵を描くのも一番だというのです。神様が傑作品の絵をもってきて、張り付けて眺めるでしょうか。傑作な行動をする創造物を眺めるでしょう。どちらが好きでしょうか。行動する創造物が好きなのです。そして、その世界は愛の心に酔う最高の立場にあるために、老いません。
 いつも晴れた日だけであれば、退屈なのです。そこに霧もかかって、月にかさもかかって、そうしてこそ退屈ではないのです。それが美術の世界です。芸術の世界です。地上でいつも、晴れたり雲がかかったり、ありとあらゆる変化無双の気候を見るとき、それが芸術的なのです。(201-102,1990.3.11)


 ⑪霊界の生活


 霊界の生活はどうでしょうか。食べることの心配、住むことの心配、着ることの心配は必要ありません。なぜでしょうか。自分の心霊状態どおりに、願うすべてのことが可能だからです。あの世でも食べます。あの世でも、自分を触ってみれば、血筋が、脈拍がどきどきするのを感じることができます。同様です。霊的な体ですが、同じです。
 自分が何かを食べたいと言えば、食べたい物が食べることができるようになって現れるのです。それがどこから来るのでしょうか。根源の世界を動員することができる、能動的自主性を行使することができる世界が霊界です。それゆえ、全体を動員することができる主体的能動圏をもったものとは何でしょうか。権力でもなく、知識でもなく、お金でもありません。愛です。
 神様がいくら高い存在だといっても、「神様!」と愛の心で呼べば、「何だ」と自分の心の中で答えます。「神様、どこにいらっしゃいますか」と言うと、「どこにいるかとはなんだ、お前の心の根本にいるだろう」と言うのです。神様が根本です。心の根、根本にあります。
 自分の愛に酔って、直感で感じるのを実現するため、命令すればそれがただそのまま繰り広げられるのです。そして、あの世に行くとなると、結婚しないまま、一人で暮らして逝った女性たちや、一人で暮らして逝った男性たちは困ります。
 そのような人たちはどこかに行っても、和合ができません。女性たちの世界に行ってもそうであり、男性たちの世界に行ってもそうであり、行く所がありません。(194-42,1980.10.15)


 ⑫霊界ですべき仕事


 我々が死んだのちには、どのようになりますか。死ぬことでみな終わるのではありません。
 お父さんが持っている愛を引き継いだ息子は、その一族はもちろんののこと、どこへ行っても歓迎されます。それが原則です。霊界にいるすべての霊人たちも、すべて歓迎します。霊界は、永遠の世界です。一生の間、愛することで辛苦した人は、老いて死んでも、あの世で愛の若者として生まれるのです。愛の美男子として生まれるのです。思春期の愛の歌を歌って余りある、そのような無限で永遠な生命体として生まれるというのです。
 皆さんが霊界に行って、する仕事とは何でしょうか。その国でする仕事とは何でしょうか。そこで金もうけをしますか。服が必要で、家が必要ですか。皆さんが願うものは、即座に補給されます。霊界は、自分の程度によって解決することができる世界です。
 願うものはすべて、「現れろ」と言えば即座に現れるのです。しかし、自分のために現れろと、いくら「死ぬ」と大声で大騒ぎしても駄目です。反対に、天国の王子の立場で王に侍る中で、「すべてが必要だから現れろ」と言うようになれば、即座です。想像できるものはみな可能な世界、それが霊界です。(129-100,1983.10.1)


 霊界に行って何をしますか。愛の歌を歌うのです。愛で言葉を交わすのです。霊界では、相手がオペラ風に言葉を話せば、自分もオペラ風に答えなければなりません。踊りで言葉を話せば、踊りで答えなければなりません。ただ永遠に喜び、飽きません。1箇所で踊りを踊れば、天国が全部踊り、1箇所で歌えば、全部歌うのです。
 霊界ではいつも、すべての器官が働いています。どのようなことをするのですか。永遠に寝なくても喜ぶことができる、そのようなこととは何でしょうか。愛です。そのような愛の理想だけもてばいいのです。
 そこから愛を除いてしまえば何の話がありますか。そこでは愛をもって、本然の愛を中心として暮らすのです。レバレンド・ムーンは、そのような世界を知っているので、世の中にいくら難しいことがあっても越えていくことができ、好きだったことも断ち切ることができるのです。我々は、それを基準として測定していくのです。(107-331,1980.6.8)


4)霊界の立場と実相

 ①霊界の立場


 皆さんがこの時代に考えるべきことは、霊界です。今までの霊界は、天使世界に相当します。我々統一教会の信者たちは、堕落しないアダム、エバと同じ立場です。すなわち、堕落しなかったアダム・エバ圏にいるのです。これは霊界から見れば、この地上に現れた楽園と同じです。(54-229,1972.3.24)


 霊界は、時空を超越した世界なので、6000年前の悲しみも、歴史時代圏内に永遠に残るのです。もし、自ら祭物を捧げたという体験で喜びを感じたなら、それが生活圏の内容であっても、一生において忘れられないのです。歳月が過ぎれば過ぎるほど、その幅と広さが大きくなってあがめられる対象になり、それが無限の根源と因縁が結ばれるのです。これから皆さんがこのような神霊的な体験をして実行するようになれば、神様が今まで受けてこられた悲しみが一時的なものではなく、連続的につながって出てきたということが分かるでしょう。それは、間違いない事実です。(29-294,1970.3.12)


 人間世界において生じる、たった一つの問題とは何でしょうか。愛の光は明るくなければなりません。愛の光が明るくあるためには、内的、外的に燃えなければなりません。何で燃えるべきでしょうか。愛するための発動力で燃えるべきです。そのようなことにみな気づいてみると、世の中の万事は、過ぎゆく一つの旅行記がごとしです。(194-56,1989.10.15)


 ②霊界の実相


 霊界に行ってみれば、霊界全体が一人の人に見えます。それで、主体である神様と、大きな一人と一つになるのです。そうなれば、全霊界と肉界が、みな混ざり合います。神様が跳ねれば、地も跳ね、神様が笑えば、地も笑い、そのようになっています。霊界に行ってみれば、一人のような組織になっているというのです。(91-280,1977.2.27)


 霊界に行けば、通じない所がありません。霊界の動きを妨げるものが何もないからです。天の本性稟の存在なのに、それを妨げるようになっていないのです。みな通じるようになっています。時空を超越しているので、何億年前にいた人が、今もいます。その人たちも、自分が願う年齢で現れるのです。それゆえ、そのような人たちにいくらでも会うことができます。
 ですから、説明が必要なく、弁明が必要ありません。さっと見れば、すぐ分かるようになっています。あの人が自分の下なのか、横なのか、高い位置なのか分かるのです。何億の愛の位階が分かるのです。その位階は絶対的です。その位階が高い人は、自然にその位階に合わせて、自分が立つべき位置に立っています。地上世界と違います。謀略中傷して出世する人は、逆さまになるのです。その反対になります。それで正道を見なさいというのです。(194-133,1989.10.17)


 ③霊界の誇り

 

 年が多い人たちがみ旨の道を行くには、これからどのようにすべきでしょうか。肉身が老衰すれば、生理作用でも制約をたくさん受けるようになりますが、これを何で補強すべきでしょうか。先生はこれを研究しています。霊と肉を中心として活動しなければならない時代に、絶えず弱化したとすればどうするでしょうか。先生がそれを今、準備しているところです。
 では、問題は何でしょか。新しい出発をしなければなりません。新しい出発をするには、毎日のように新しいものを発見しなさいというのです。新しいものを発見する人は、絶対に落伍者になりません。難しい所にやられても、絶対に失望しません。かえって楽しみがわくのです。
 霊界に行けば、誇るべきこととは何でしょうか。生命をどれほど生かしてあげたかということです。これが誇りです。甲なら甲、乙なら乙、あるいは氏族を超越して、数多くの民族を新しい生命と関連づけて、どれほど生かしてあげたかということが財産です。
 財産はそれしかありません。霊界には、ない物がないので心引かれる物はありませんが、それでも最も心引かれるものがあるとするなら、真なる人です。それゆえ、真なる人を養育するために功を捧げたその功臣は、天上世界で当然、栄光の息子、娘になることができます。それゆえ、誇ることができるのは、それしかないのです。(30-147,1970.3.21)


 霊界で、皆さんの心が愛の鐘の音が鳴る場に入るようになれば、明かりがだんだん大きくなります。この光は、五色燦然としたものなのです。神様の目には、ダイヤモンドの光より、もっと美しく見えるのです。そして、その光だけが良いのではなく、その光の中には味があるのです。それは、見るほど良いというのです。絶えず、見れば見るほど心酔してしまいます。それゆえ神様は、愛という言葉を言うのです。それゆえ、愛の涙をどれほど流したか、愛の切なさをどれほどもったか、それが皆さんの財産なのです。(103-28,1979.1.28)


 統一教会と霊界


 神様は、どれほど大きいでしょうか。この宇宙を創造された方です。この太陽系だけでも、とてつもなく大きいのです。統一教会員は、世界の主権をもった天国の民です。それだけでなく、天国の大使です。大使は、自分の命を捧げることがあっても、怨讐と徹底して談判するときには、天命に従って絶対譲歩しないのです。我々はサタン世界に入ってきていますが、サタンの命令を受けるのではなく、天国の命令を受けて生きる、天の国の大使です。
 統一教会は、背後に霊界という膨大な基盤を持っています。アメリカの国民が、あのアフリカの一つの村で暮らして被害を受ければ、アメリカの国務省で直接問題になり、ホワイト・ハウスで直接問題になるのと同様に、我々があの山奥の悲惨な場で、もし被害を受ける立場にあるなら、天の国で問題となり、統一教会で問題となって、損害賠償請求が論議されるのです。皆さんがそのような立場に立っているのです。ですから、卑屈になるなというのです。悪口を言われても堂々と受けて、堂々と行かなければなりません。(96-85,1977,12.18)


 統一教会は、霊的な個人を動員することができ、先祖を動員することができる能力をもっています。今までの宗教は、霊界と肉界をつなげられなかったために、霊的な精誠を捧げて、縦的な面に拍子と波動が合ってこそ接触をしましたが、今はその放送局自体に入ってきました。振動板のような立場に立ちました。波動ではなく、波動を起こす送信機自体だと言うのです。自分が放送局をもったために、「霊界にいる我々の先祖たちが来て、私に協助してくださいませ。善の先祖よ、来て協助してくださいませ。そのような震動が必要です」と言えば、来るようになっています。個人を呼んで動かすことができ、家庭を呼んでも動かすことができ、氏族圏、民族圏、世界圏を中心として繋げることができる基盤が、地上にできて入ってきたために、それが動いて降りてくるのです。このようになって、今まで自分の体が自分も知らずに引かれていくのです。(162-105,1987.3.30)


 死んで天の前に行くときは、うまくやったことから報告するのではありません。誤ったことから報告して、うまくやったことを報告しなければいけません。世の中は「お前は何をした?」と言えば、「私はこれこれこのようにしました」と悪いことはみな隠します。しかし、霊界は違います。霊界は、悪いことから報告しなければなりません。順序がそうです。何をしたかというとき、悪いことから報告するのです。
 統一教会の信者たちは、いったん地獄に入ります。入ってから弁護士を立てて、全部引き抜いてこなければなりません。この人は、過去にみ旨を中心として父母様の時代にある仕事をしたと、弁護して引き出すのです。いいかげんに生きてはいけません。いいかげんに生きてもいいなら、何のために先生が監獄を渡り歩き、一生の間、「くたばれ」と後指をさされながら生きるのですか。そのように生きなければならないからです。ごまかしがきかないのです。(196-285,1990.1.2)


 我々は、すてきな人たちです。世界がうらやましく思い、天地がうらやましく思い、霊界のすべての聖人と賢哲たちがうらやましく思う、堂々とした人生の生涯を歩んでいる者たちです。天が捨てることができず、天が褒めるだけでなく、訪ねてきて「愛する」と言える、そのような背景と内容をもって暮らす、すてきな人たちです。(171-29,1987.12.5)


 ⑤韓国の風習と霊界


 韓国民族は、長い歴史をもっている特殊な民族です。他の国を一度も侵犯したことがありません。今まで打たれてきました。強国の間で残ったことは奇跡です。天が保護してくださったために残りました。
 韓国のすべての風習は、ユダヤ民族の風習と、かなり似ています。先生が霊界を知ってみると、その霊界の風習ととても似ています。赤ん坊を生むときとか、結婚するときとか、また生活態度とか、することを見ると、霊界の原理型と同じものをたくさん発見するようになりました。
 韓国の食卓を見れば、2本の箸が置かれています。そして、その横には必ずさじがあります。食卓には、いつもそれが主になるのです。また、お膳の上に置かれた器を見ても、必ずプラスとマイナスの相対的関係、すなわち陰陽に調和させて食べ物を準備し、食べます。
 そして、7数を中心とした数を合わせています。赤ん坊を生んだのちには、3日の聖別期間があり、結婚後にも3日の聖別期間があり、死んだのちにも3日の聖別期間があります。そして、伝統的なものを相当に尊重視する歴史的な伝統があるのです。(54-237,1972.3.24)


 ⑥韓国語と霊界


 天国に入るとき、「祖国語」というのが一つのタイトルになったなら、どうしますか。「祖国語を話せるか、話せないか」と聞くのです。それは原理観です。原理原則に入って、アダム、エバの息子、娘が、アダム、エバが話していた言葉を話すようになっているのであって、他の言葉を話すようになっていません。英語は天使長の言葉なのです。堕落した天使長のものです。それは恥ずかしいことです。それが原理観です。皆さんは、霊界に行けば、皆さんの先祖たちに「先生に侍って暮らしながら、韓国語を習えなかったか」と言われながら、指さされて讒訴されるようになります。
 韓国語は真の父母の言語です。韓国で生まれたので仕方がありません。(128-245,1983.6.27)


 ⑦霊界の活動舞台


 宇宙は霊界の活動舞台です。この地上も霊界の活動舞台であると同時に、膨大なこの宇宙も、霊的な活動舞台です。
 この地上に、そのような外的な世界、宇宙と関連を結ぶことができるということは、神様の摂理で見るとき、地上に暮らしている天国の民たちが、あの大宇宙に拡大されている数えきれないほどの先祖たちと、いつも連絡することができる基準になったということを、象徴的に見せてくれるのです。この外的な世界で、それを象徴的に表示することが、衛星を通じた宇宙探索です。(196-215,1990.1.1)


 ⑧霊界の所有


 大宇宙を眺めるとき、ダイヤモンドの星のような宝石の星があるはずです。それが全部自分の所有なのです。その楽しみで暮らすのです。宇宙を愛するすべての群れが、神様の愛する群れが、大移動をしながら暮らすことができる理想世界です。そこに同伴者になり、同参者にならなければなりません。
 同役の者として、犠牲を自任して立ち上がることができれば、あの世の主役、堂々とした責任者になるかもしれませんが、適当にする人たちはあの世で、脱落者にならざるを得ません。(126-145,1983.4.12)


 ⑨神様と霊界


 霊界に行っても、神様は見えません。霊界に行っても、神様は絶対見えません。声は聞こえますが、皆さんの目には見えません。ですが、誰が神様の代わりに、形状的な実体として現れるのでしょうか。今まではイエス様が現れました。これから来られる主がいれば、その主が神様の形状の代身となります。では、イエス様は何になるかというと長男、息子になるのです。イエス様はどのようになるかといえば、息子になるのです。(155-320,1965.11.1)

 

(2021.12.1:写経奉献)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com