「成約摂理」の研究

すべての成約聖徒は三代王権に帰りましょう!

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

文鮮明先生自叙伝(平和を愛する世界人として)第六章 愛は統一を導くー冷戦終焉・宗教融和

f:id:touituseiden:20220209185035p:plain

 

第六章 愛は統一を導く

 

人を善にする宗教の力
    

 1990年8月2日、イラクフセインクウェートを武力侵攻しました。「中東の火薬庫」と呼ばれるペルシャ湾に戦争が勃発したのです。全世界が戦争の渦の中に巻き込まれていくとき、私は「キリスト教の指導者とイスラームイスラム教)の指導者に会って、この戦いを止めなければならない」と考え、すぐに双方に連絡を取りました。その地が韓国と何の関係もないとしても、罪のない人が命を失う戦争は、全力を尽くして止めなければなりません。
 イラクの侵攻が始まると、直ちに私たちの教会の食口(家族の意。教会の信徒を、親しみを込めてこう呼ぶ)を中東に送り、各宗教の指導者たちを集め、中東会議を提案しました。中東地域と特に関係のない私が出ていって会議を提案した理由は、宗教人であれば当然世界平和のために奉仕しなければならないという使命感のためでした。キリスト教イスラームの争いは、共産主義と民主主義の紛争と比べられるものではありません。宗教戦争よりも恐ろしいものはないのです。
 私はブッシュ米大統領(在任1989~1993)に、絶対にアラブ圏と戦争を起こしてはいけないと何度も繰り返し伝えました。ブッシュ大統領イラクを相手に戦争しようと考えるかもしれませんが、彼らは国の上に宗教があります。したがって、イラクが攻撃を受ければ、すべてのアラブ圏が団結するようになります。それで、イラククウェートを侵攻すると、すぐにシリア、イエメンの宗教指導者を集めて、ブッシュと絶対に戦争をしてはいけないという趣旨の緊急会議を開きました。アメリカが勝とうとイラクが勝とうと、爆弾を浴びせて家や野原や山を崩し、貴い命が血を流して死んでいくとすれば、何の意味があるでしょうか。
 中東地域の危機の兆候が見えるたびに、私たち食口は、全世界の有名なNGO(非政府組織)と共に命をかけてイスラエルパレスチナを訪ねていきます。いつ、どこで、どのように死ぬか分からない所に食口たちを送り出すのは安らかではありません。ブラジルの熱い日ざしの下で畑を耕していても、アフリカの難民村を訪問していても、私の心は「中東の火薬庫」に飛び込んでいった食口たちに向かっています。そして、一日も早く世界に平和が定着し、彼らを死地に送り出さなくても済む日が来るようにと祈ります。
 2001年、ニューヨークの貿易センタービルが崩壊する青天の霹靂のような事件が起きました。世の中では、これをイスラームキリスト教の間に必然的に起きる文明の衝突だと言います。しかし、イスラームキリスト教は、衝突と対立の宗教ではありません。両方とも平和を重視する宗教です。イスラーム勢力は過激だという考えが偏見であるように、イスラームキリスト教は異なるものだという考えも偏見にすぎません。宗教の本質は同じです。
 1991年、私たちは、全世界の宗教学者四十数人を集め、『世界経典』(Wilson, Andrew, ed World Scripture: A Comparative Anthology of Sacred Texts, Paragon House, 1991)を編纂しました。『世界経典』は、キリスト教イスラーム、仏教をはじめとする世界の主要な宗教の経典に登場する言葉を、テーマごとに比較、研究し、まとめたものです。ところで、作業を終えてみると、そのたくさんの宗教の教えの中で、約7割は同じことを言っていました。残りの3割だけが、各宗教の特徴を表す言葉でした。これは、全世界の宗教の7割は同一の教えを伝えていることを意味します。ターバンを巻く、念珠を首にかける、十字架を前に掲げる、などその外見は違いますが、宇宙の根本を求め、創造主の御旨を推し量ろうとする点では、すべて同じです。
 人は趣味が同じだけで良い友人になります。生まれた故郷が同じというだけでも、数十年を共に過ごした間柄のように話が通じます。ところが、実に教えの7割も同じ宗教どうしが、互いに話が通じないというのは本当に残念なことです。互いに通じることを話し、手を結べばよいのに、お互いに異なるところばかりを指摘して批判しています。世の中のすべての宗教は平和と愛を語ります。ところが、まさにその平和と愛をめぐって争いを起こしているのです。イスラエルは、パレスチナ人が暮らす場所に大規模爆撃を加えながら平和を主張します。パレスチナの子供たちが血を流して死んでいくのに、彼らは平和のための戦争だと言います。
 イスラエルが信じるユダヤ教もやはり平和の宗教です。イスラームも同様です。『世界経典』を編纂しながら得た私たちの結論は、世界の宗教が間違っているのではなく、信仰の教え方が間違っていたという事実でした。誤った信仰は偏見を呼び、偏見は争いを呼びます。
 9・11テロ以降、テロリストの烙印を押されたイスラームの人たちも、私たちと同じように平和を願う人たちです。長い間、パレスチナの指導者だったアラファト氏も、やはり平和を願う指導者でした。彼は、1969年にパレスチナ解放機構PLO)の議長になった後、ガザ地区ヨルダン川西岸をパレスチナの独立国として宣布しました。1996年に選挙を通してパレスチナ自治政府議長(大統領)になった彼は、ハマスなどの過激派の活動を防ぎながら、中東の平和を目指そうとする努力を惜しみませんでした。中東問題が困難にぶつかるたびに、私たちは彼らと直接接触し、対話をしたことが12回にもなります。
 アラファト議長の執務室を訪ねていく道は厳重です。自動小銃武装した物々しい警備兵たちの間を通り、少なくとも3回以上の身体チェックを経てようやく入っていくことができます。ターバンを何重にも巻いたアラファト議長は、私たちの食口に会うと、笑顔で「ウェルカム!」と挨拶をしてきます。そのような関係は、一日や二日で構築されたものではありません。それまで私たちが中東平和のために投入した真心は、とても言葉では表現できないほどでした。命がけの紛争地域に入っていって宗教指導者たちと信頼関係を結ぶまで、私たちは血のにじむような努力をしました。お金もたくさんかかり、苦労をたくさんしました。それでようやく私たちは、アラブとイスラエルの双方から信頼を得て、中東紛争が起きるたびに仲裁の役割ができるほどになったのです。
 私が初めてエルサレムに足を踏み入れたのは1965年でした。当時は、「6日間戦争」(第三次中東戦争のこと。1967年6月5日~10日)が起きる前で、エルサレムの東地区がまだヨルダンの領土の時でした。私は、イエス様がピラトの裁判場に引き出される前に、血の汗を流して祈りを捧げたオリーブ山を訪ねました。そこには、すでに「万国民の教会」が建てられていました。私は、イエス様が祈る姿を見守って以来、二千年を経たオリーブの木を軽く撫でました。そして、その木にユダヤ教キリスト教イスラームを意味する3つの釘を打ち込み、彼らが一つになるその日のために祈りを捧げました。ユダヤ教キリスト教イスラームが一つにならなければ、平和世界は決して目指すことができません。オリーブの木に打ち込まれた3つの釘は今も残っております、依然として平和世界ははるか彼方です。
 世の中は、ユダヤ教イスラームキリスト教に分かれて鋭く対立していますが、実際の根は一つです。問題は、イエス様をめぐる解釈です。2003年5月18日、アメリカの各教会で十字架を取り外す式典を行った牧師たち122人がエルサレムに行き、イスカリオテのユダがイエス様を売り渡して得た銀貨30枚で買ったという「血の畑」(マタイによる福音書27章8節)の地に、十字架を埋めました。そして、その年の12月22日、宗教と教派を超越して全世界から集まった3千人以上の「平和大使」と、イスラエルパレスチナの人たち1万7千人以上がエルサレムの独立公園に集まり、イエス様の頭から茨の冠を外して、平和の王冠を被せる儀式を行いました。そして、そこに集まった2万人以上の人たちが、共に宗教と宗派を離れて人類の平和のために行進しました。その日、アラファト議長は、夜8時に合わせてパレスチナのすべての家の前に明かりを灯すようにさせて、私たちの平和大行進に深く関与しました。全世界にインターネットで生中継されたその日の行進を通して、イエス様は平和の王として復権されたのであり、お互いに反目していたキリスト教ユダヤ教イスラームが和解する契機が与えられたのです。
 エルサレムには、サウジアラビアのメッカとメディナに次ぐイスラームの第三の聖地である、岩のドームとアル=アクサ・モスクがあります。そこは、ムハンマドが昇天したといわれる場所で、イスラームの信者でなければ入れない所ですが、私たちにはその門を開いてくれました。彼らは、平和大行進を終えたキリスト教徒とユダヤ教の指導者を、寺院の奥まで案内しました。イスラームもやはり平和を愛する宗教です。私たちは、偏見と我執で固く閉じていたタブーの門を開き、イスラームキリスト教ユダヤ教が互いに意思疎通できる道を開いたのです。
 もちろん、人間は平和を好みますが、一方では、争いを好むこともあります。非常におとなしい牛を闘わせたり、鶏がとさかを逆立たせ、鋭いくちばしで柔らかい肉片を噛みちぎったりするのを見て楽しむのが人間です。それでいて、子供たちには「喧嘩をしないで仲良く遊びなさい」と言います。結局、戦争を起こす根本原因は、宗教や人種ではなく、人の心性です。すべてのことが人の問題です。現代人は、すべての紛争の原因を科学や経済の視点から捉えることを好みますが、本当の根本的な問題は人間自体にあるのです。
 人を善にするのも、争いを好む人間の悪の本性をなくしてくれるのも、それが宗教です。世界のあらゆる宗教は、すべて平和な世界を理想としています。すべて天の国を願い、ユートピアを夢見て、極楽世界を念願しています。呼び名はそれぞれ違いますが、人間が夢見て願う世界はすべて同じです。この世界には数多くの宗教があり、その何倍も多い宗派がありますが、それらが願うことは一つです。それらが目指す目的地は天国であり、平和の世界です。人種と宗教の対立によってずたずたに引き裂かれた心を、きれいに治癒する温かい愛の国なのです。

 


川は流れ込む水を拒まない
    

 世の中に蔓延した利己主義は、その個人を滅ぼすだけで無く、他の人と民族の発展までも阻害してしまいます。人間の心の中にある貪欲さが平和世界に進む道において、最も大きな障害物になるのです。個人の貪欲さが民族の貪欲さに拡大し、貪欲さに染まった心が、人と人、民族と民族の間に分裂と紛争を引き起こします。歴史上、貪欲さのために起きた紛争によって、大勢の人たちが血を流して死んでいきました。
 このような紛争をなくそうとすれば、世の中に流布する誤った価値観と思想を変える一大革命が起きなければなりません。私たちの社会の糸車のように絡まった複雑な問題は、そのような革命が起きれば、あっという間に解決されます。人と人が、民族と民族が、まず愛で相手に配慮し、協力すれば、現代社会の諸問題はことごとく解決するでしょう。
 私は生涯、平和のために身を捧げてきました。「平和」という言葉を思い起こすだけで、今も喉が締め付けられて食べ物が通らず、目頭が熱くなります。世界が一つになって平和を享受する、その日を思い描いてみるだけでも、これ以上ない感動があります。平和とはそのようなものです。思想が違い、人種が違い、言葉が違う人たちを一つに連結することです。そのような世界を慕い、願う心です。平和は具体的な行動であって、漠然とした夢ではありません。
 これまで平和運動に取り組んできたことは、簡単なことではありませんでした。苦難も多く、お金もたくさんかかりました。しかし、個人の名誉のためにしたのではありません。お金を稼ごうとしたわけでもありません。すべての国・地域の人々に警告し、本当に平和が宿った世界が実現するよう、全力を尽くしただけです。この活動をしている間、私は孤独ではありませんでした。世の中の人たちの願うことが、結局はすべて平和に帰着するからです。しかし、不思議なものです。ありとあらゆる人がそれほど願っているのに、平和はいまだに訪れていないのです。
 平和を口が語るのは簡単です。しかし、平和を呼び込むのは簡単ではありません。人々が、平和な世界を築く際に最も必要とされる真理を避けて、知らないふりをするからです。人との平和、民族間の平和を語る前に、私たちは神との平和を語らなければなりません。
 最近の宗教は、自分の教派だけが一番と考え、他の宗教は無視して排斥します。他の宗教や教派に対して壁を積み上げることは正しくないことです。宗教とは、平和の理想世界を求めて巨大な川と同じです。川は広々とした平和世界に至るまで、ずっと流れていきながら、たくさんの支流と出会います。本流に合流した支流は、その時からは支流ではなくて本流です。そのように一つになります。
 本流の川は、流れ込んでくる支流を追い出さず、すべて受け入れます。そのたくさんの支流をすべて抱きかかえ、同じ流れとなって海に向かいます。世の中の人たちは、この簡単な原理を知りません。本流の川を求めて流れ込む支流が、この世の中の数多くある宗教と宗派です。泉が湧いて流れ始めた根本はそれぞれ異なりますが、求めていく所は同じです。平和に満ちた理想世界を求めていくのです。
 宗教の間に立ちふさがる壁を崩さなければ、絶対にこの地上に平和は訪れてきません。宗教は、すでに数千年の間、全世界の多くの民族と連合して大きくなってきたので、文化的垣根が非常に高く、それを崩してしまうことはとても大変なことです。それぞれ異なる宗教が高い壁の中で、自分だけが正しいと主張しながら数千年を経てきました。時には勢力を広げようと、他の宗教と対立して争うこともありました。神の御旨でもないことに、神の名を掲げたのです。
 神の御旨は平和の実現にあります。国家と人種、宗教によって引き裂かれ、互いにけなし合い、争って血を流す世界は、神の願うものではありません。ずたずたに引き裂かれた世界はすべて、人々が自分の富と栄達のためにつくったものにすぎず、神のみ意にかなうものではありません。神は私にはっきりとそう語られました。私は神が語られたことをこの地上で実践する使者です。
 宗教と人種を一つにする平和世界をつくるための道は、限りなく苦労の多いものでした。時には人に妨げられ、時には能力の壁にぶつかることがたくさんありましたが、私はその使命を捨てることはできませんでした。私と共に歩む食口や同僚が、あまりのつらさに弱音を吐くとき、かえって彼らを羨ましく思い、「皆さんは、歩んでいて嫌だと思えば戻ることもでき、やってできなければ死ぬこともできますが、私はそのようにすることもできないかわいそうな人です」と、彼らに向かって切々と訴えたこともありました。
 私たちが生きている地球には二百余りの国・地域があります。このたくさんの国が平和を享受しようとすれば、必ず宗教の力が必要です。宗教の力はあふれる愛にあります。私は愛を伝える宗教者なので、世界平和のために働くのは当然です。平和世界を築く上で、イスラームキリスト教に違いはありません。私はアメリカで教派に関係なく2万人以上の聖職者を集め、平和運動を展開しています。これを通してキリスト教イスラームユダヤ教、仏教が共に集まり、平和世界を目指す方法を議論し、人々のかたくなな心を変えることに全力を傾けています。私の目標は、きのうもきょうも、神を中心に一つの世界をつくることです。その国には神の主権だけがあります。全世界は一つの国土、一つの国民、一つの文化でまとまります。一つになった世界に分裂と争いがあるはずがなく、その時、初めて本当の意味での平和世界が開かれるのです。

 


ソ連の地に宗教の自由を許可しなさい」
    

 ダーウィンの進化論は唯物思想に立脚していますが、精神は物質から生まれるという彼らの思想は、根っこから間違っています。人間は神が創造された被造物であり、すべての存在は精神と物質の両面を備えた統一体なので、共産主義の理論と思想は間違ったものです。すれでも私は、日本留学時代に共産主義者と一緒に独立運動をしました。彼らもやはり祖国光復のために命を惜しまない良き友人でしたが、彼らと私は根本的に考えが違いました。したがって、私たちは、祖国光復が実現した後、それぞれの道を歩んでいかざるを得ませんでした。
 私は共産主義唯物史観に反対する者です。全世界的に勝共運動を展開し、共産主義国ソ連の世界赤化戦略に立ち向かい、自由世界を守護しなければならないと、歴代のアメリカ大統領に直言してしてきました。私たちの運動を快く思わない共産国家は、私を亡き者にしようとテロを試みたりしましたが、私は彼らを憎んだり、敵と思ったりはしませんでした。私は共産主義の思想と理念に反対しているのであって、その人たちを憎んだのではありません。神様は共産主義者までも一つに抱きかかえることを願われる方です。
 そのような意味で、冷戦時代の末期である1990年4月に、ソ連のモスクワに入っていってゴルバチョフ大統領に会い、その翌年11月に北朝鮮平壌を訪問して金日成主席と会ったのは、ただ単なる命がけの冒険ではありませんでした。それは天の御旨を伝えるために、私が行くべき宿命でした。「モスクワ(Moscow)」を英語で発音すれば「マスト・ゴー(行かなければならない)」と聞こえます。
 私は共産主義にたいして確固たる考えを持っていました。ボルシェビキ革命(1917年)以降60年が経てば、徐々に滅亡の兆候が現れ、70年を経た1987年には、精も根も尽き果てて倒れると確信していました。1985年、当時の私は米ダンベリー刑務所に収監されていましたが、面会に訪れたシカゴ大学の著名な政治学者、モートン・カプラン博士に、8月15日になる前に「ソ連共産帝国の崩壊」を宣布するように言いました。
 カプラン博士は「ソ連帝国の滅亡を宣布するのですか? どうしてそんな危険なことを……」と全く乗り気ではありませんでした。日が最後に最も華々しく燃えるように、当時は共産主義の没落を予感させる兆候が見えるどころか、かえってより勢力を広げている時だったので、気後れするのも当然でした。もしも的外れな宣言になってしまったら、学者としての名声が一度に消滅してしまうのは明白でした。
 「レバレンド・ムーン(文師)、共産主義が没落するというあなたの話は信じます。しかし、まだ時ではないようです。ですからソ連帝国の滅亡『滅亡』よりは『滅亡する可能性がある』と遠回しに言ってはいけませんか」
 博士の話に私は烈火のごとく怒りました。人がいくら気後れしても、確信があるときは、勇気を出して、死力を尽くして闘わなければならないと思ったのです。
 「カプラン博士、それはどういうことですか。ソ連帝国の滅亡を宣言するのは、そのくらいはっきりとした意味があるからです。あなたが共産主義の終焉を宣言する日、共産主義はまさにその時から力を失うようになるのに、なぜ躊躇するのですか」
 結局、カプラン博士は、ジュネーブで開かれた世界平和教授アカデミーの国際会議で「ソ連共産帝国の崩壊」を宣言しました。誰も考えつかないことでした。その頃、中立国であるスイスのジュネーブは、ソ連の国家保安委員会(KGB)が用意周到に配置した数万人のKGB要員が、世界を駆け巡って情報収集しながらテロを企てる所でした。その上、会議が開かれたインターコンチネンタル・ホテルはソ連大使館の向かいにあったので、カプラン博士が抱いた恐怖感は十分に理解できます。しかし、数年後、博士はいち早くソ連崩壊を予測した学者として大きな名声を手にしました。
 1990年4月、私は世界言論人会議の主催者としてモスクワに乗り込みました(同時に行われた世界平和頂上会議、ラテンアメリカ統一連合国際会議を合わせて「モスクワ大会」と呼ぶ)。意外にもソ連政府は、空港から国家元首級の待遇をしてくれました。警察のエスコートを受けてモスクワ市内に入っていきました。私の乗った自動車が、普段は誰も使うことができず、大統領と国賓だけが通ることのできる中央の黄色い〝黄金路〟を走りました。その時はまだソ連は崩壊しておらず、冷戦が継続している時代だったのに、反共主義者の私を非常に手厚く迎えてくれたのです。
 私は世界言論人会議の基調講演で、ソ連ペレストロイカ(改革・立て直し)を称賛しながら、その革命は必ず無血革命でならなければならず、心と魂の革命でなければならないと訴えました。世界言論人会議に出席するためにモスクワを訪問したのですが、実を言えば、私の関心はゴルバチョフ大統領との会見に集中していました。
 当時、ペレストロイカ政策が成功し、ソ連国内でのゴルバチョフの人気はとても高いものでした。それこそアメリカの大統領には10回でも会うことができる私でしたが、ゴルバチョフに会うのは難しい時でした。しかし、私には彼に会って話すことがあったので、必ず会いたいと思っていました。ゴルバチョフソ連を改革して共産世界に自由の風が吹きましたが、時が経つにつれて、改革の刃は彼の背中を狙うようになっていました。このまま行けば、すぐに大きな危険に遭遇してしまうところだったのです。
 「彼が私に会わなければ天運に乗る道がなく、天運に乗らなければ彼は生き延びることができない」
 私が心配しているという話がゴルバチョフ大統領の耳に入ったのか、彼はその翌日(4月11日)、モスクワのクレムリン宮殿に私を招待しました。ソ連政府が送ってくれたリムジンに乗ってクレムリン宮殿の奥に入っていきました。まず大応接室に入って、私たち夫婦が座り、その横に前・現職の各国大統領・首相らがテーブルを囲んで座りました。ゴルバチョフ大統領は、ペレストロイカの成功を満面の笑みで熱心に説明してくれました。それが終わると、いよいよ単独会談です。大統領執務室に場所を移すと、私は時を逃さずゴルバチョフ大統領に言いました。「大統領はペレストロイカですでに素晴らしい成功を収めていらっしゃいますが、それだけでは十分な改革はできません。今すぐこの地に『宗教の自由』を許可してください。神様なしに物質世界だけを改革しようとすれば、ペレストロイカは必ず失敗します。共産主義はもうすぐ終わります。この国に『宗教の自由』を呼び起こしてください。それこそが国を救う道です。これからはソ連を解放した勇気で、全世界の平和のために働く世界の大統領になってください」「宗教の自由」という、全く予想もできなかった言葉が飛び出すと、ゴルバチョフ大統領は少なからず当惑し、顔がこわばりました。しかし、「ベルリンの壁」崩壊を容認した人らしく、すぐにこわばった顔をゆるめ、私の言葉を真摯に受け入れました。私はすぐに、「韓国とソ連はもうお互いに国交を結ばなければなりません。そのためにも、大韓民国盧泰愚大統領を必ず招待してください」と言葉を続けました。さらに、韓国とソ連が国交を樹立するとどのようなメリットがあるのかということも、一つ一つ説明しました。私の話をすべて聞いた後、ゴルバチョフ大統領はひときわはっきりとした口調で約束しました。
 「韓ソ関係は順調に発展すると確信しています。何よりもまず朝鮮半島の政治的な安定と緊張緩和が必要だと思います。韓国との国交樹立は今や時間の問題です。そこには何の障害もありません。文総裁が提案されたとおり、盧泰愚大統領にもすぐに会うようにします」
 その日私は、ゴルバチョフ大統領と別れる際、私の腕時計を外して彼の手首にはめてあげました。まるで昔からの友人に対するようなざっくばらんな私の態度に当惑する彼に向かって、「大統領が今推進していらっしゃる改革政策が困難に直面するたびに、この時計を見ながら私との約束を思い起こせば、天が必ず道を開いてくださるでしょう」と強調して言いました。
 私と約束したとおりゴルバチョフ大統領は、その年の6月、サンフランシスコで盧泰愚大統領と会い、韓ソ首脳会談を持ちました。そして、1990年9月30日、韓国とソ連は86年目に歴史的な国交樹立を果たしたのです(第一次日韓協約で外交権を一部失った1904年8月以来86年目に、という意味)。もちろん、政治は政治家が、外交は外交官があることですが、時として、長い間ふさがっていた水田の水の出入り口に穴を開ける上で、何の利害関係もない宗教者の役割がより効果的なこともあります。
 それから4年後、ゴルバチョフ前大統領はソウルを訪問し、漢南洞の私の家を訪ねてきました。その時はすでに権力の座を去って、在野の人になっていました。1991年8月、ペレストロイカに反対する反改革派のクーデターが起きた後、彼は兼任していた共産党書記長を辞任し、ソ連共産党を解体しました。共産主義者の彼が自分の手で共産党をなくしてしまったのです。
 ゴルバチョフ前大統領は、私たちが真心を込めて準備したプルコギ(焼肉)とチャプチェ(春雨と野菜、肉などを炒めた韓国料理)を箸で美味しそうに食べました。デザートの水正果を称賛しながら、「韓国の伝統料理はとても素晴らしい」と何度も繰り返しました。権力の座から退いたゴルバチョフ氏とライサ夫人は、その間に随分と変わっていました。かつてモスクワ大学マルクス・レーニン主義を講義していたほどの徹底した共産主義者だったライサ女史の首には、十字架のネックレスが光っていました。
 「大統領は偉大なことをやり遂げられました。たとえソ連大統領の地位を明け渡したとしても、今では平和の大統領になられました。あなたの知恵と勇気のおかげで、戦争なしに世界平和を成就できるようになりました。世界のために、最も偉大で、永遠に美しく輝くことをされたのです。神様の仕事をされたあなたは平和の英雄です。ロシアの歴史に永遠に残る名前は、マルクスではなく、レーニンでもなく、スターリンでもなく、ひとえにミハイル・ゴルバチョフだけです」
 私は戦争なしに、血を流すことなしに、共産主義宗主国(総本山)たるソ連の解体をやり遂げたゴルバチョフ前大統領の決断を高く褒め称えました。すると彼は、「レバレンド・ムーン(文師)、私はきょう大変な慰労を受けています。その言葉を聞いてとても力が出ます。私の余生は世界平和のための事業に捧げます」と言って、私の手を固く握りしめました。

 


朝鮮半島の統一がすなわち世界の統一

 

 ゴルバチョフ大統領との会談を終えてクレムリン宮殿を出てくる際、私は随行していた朴普熙(当時、ワシントン・タイムズ社長)に特別な指示を一つしました。
 「1991年を越える前に金日成主席と会わなければならない。時間がない! ソ連はもう一、二年のうちに終わってしまう。問題は韓国だ。何としてでも金日成主席と会い、朝鮮半島で戦争が起きるのを防がなければならない」
 ソ連が崩壊すれば全世界の共産国家も一緒に壊滅するので、急いでいました。そうなれば、窮地に追い込まれた北朝鮮がどのような挑発をしてくるか分かりません。その上、北朝鮮核兵器に強く執着していたので、なおさら不安でした。北朝鮮との戦争を防ごうとすれば、北朝鮮と話ができるチャンネルがなければならなかったのですが、その時まで私たちにはそのようなものがありませんでした。何が何でも金日成主席と会い、核兵器に対する野望を捨てさせ、韓国を先制攻撃しないという約束を取り付けなければなりませんでした。
 朝鮮半島は世界情勢の縮図です。朝鮮半島で血を流せば世界が血を流します。朝鮮半島が和解すれば世界が和解し、朝鮮半島が統一されれば世界が統一されるのです。ところが、1980年代後半から、北朝鮮は核保有国家になろうとあがいていました。これに対して欧米諸国は、先制攻撃をすると高飛車な態度で脅していました。このまま極限まで突き進めば、北朝鮮がどんな強硬手段を講じるか分かりませんでした。私は、どうしても北朝鮮との対話のチャンネルを構築しなければならないと考えたのです。
 しかし、事はそう簡単ではありませんでした。北朝鮮接触していた朴普熙に対して、北朝鮮政府の金達鉉副総理は、「北朝鮮の人民は、今まで文総裁を国際的な勝共運動の魁首と思ってきました。それなのに、どうして保守・反共の総帥を歓迎できますか。これは到底想像外のことに思えます」と強く釘を刺してきたのです。しかし、朴普熙はあきらめませんでした。
 「アメリカのニクソン大統領は徹底した保守・反共主義者です。その彼が中国を訪問して、毛沢東主席と会談を行い、米中の国交が正常化しました。ここから利得を得たのは中国です。侵略者の烙印を押されていた中国が、一躍世界舞台の表面に浮き上がってきたのです。北朝鮮が国際社会で信用を得ようとすれば、文総裁のような保守・反共主義者を友人にしなければなりません」
 と北朝鮮を説得しました。
 1991年11月30日、ついに金日成主席が私たち夫婦を北朝鮮に招待しました。当時、ハワイに滞在していた私たちは、急遽、北京に飛びました。中国政府が用意した北京空港の貴賓室でしばらく待っていると、北朝鮮の代表が現れ、正式招待状を出してきました。
 招待状には、平壌の官印が鮮明に押されていました。
 「朝鮮民主主義人民共和国は、統一教会の教主・文鮮明と令夫人、そして随行員一同を共和国に招請します。共和国は在北期間中、その身元を保証いたします。
 1991年11月30日
 朝鮮民主主義人民共和国政務院副総理 金達鉉」
 私たち一行は、金日成主席が用意した朝鮮民航特別機IS215に乗って平壌に向かいました。これは、極めて異例で、特別な待遇でした。
 特別機は黄海を渡って新義州方面に向かい、そこから故郷の定州上空を通過して平壌に行きました。故郷が目に入るように配慮してくれたのですが、夕焼けに赤く染まった故郷の山河を見下ろすと、胸が高鳴って心の奥底がしびれるようでした。あれが本当に私の故郷なのかと思うと、すぐにでも飛び降りて山や野原を走ってみたいと思いました。
 平壌順安空港には、46年前に別れた家族が出てきていました。花のように美しかった妹は初老のお婆さんになり、私の手を握って顔をしわくちゃにして泣きました。70歳を超えた姉も、私の肩をつかんで激しく泣き、涙を流しましたが、私は最後まで泣きませんでした。
 「ここでそのようにしないでください。家族に会うことも大切ですが、私は神様の仕事をするために来たのです。そのようにしないで、気持ちをしっかり持ってください」
 四十数年ぶりに出会った姉妹たちを抱きかかえて泣くことができない私の心の中では、涙が滝のように流れていました。しかし、私は何とか心を抑えて宿所に向かいました。
 翌日、いつものとおり早朝に起きて祈りました。もし迎賓館に監視設備があったなら、朝鮮半島の統一のために泣く私の祈りがすべて記録されているでしょう。その日私たちは、平壌市内を回りました。平壌主体思想の赤い標語で完全に武装されていました。
 4日目は、特別機に乗って金剛山の名勝地を隅々まで見て回った後、6日目は、ヘリコプターに乗って故郷に行きました。夢の中でも慕わしくて一足飛びに駆け寄ったその家が、いま目の前に現れました。夢か現かと思って、しばらく家の前で望夫石(中国湖北武昌の北の山にある岩。昔、貞女が戦争に出かける夫をこの山で見送り、そのまま岩になったと伝えられている)のように立った後、家の中に入っていきました。本来は、母屋と倉庫、離れと家畜小屋が互いに向かい合った四角形の家でしたが、今は母屋だけが残っていました。私が生まれた奥の間に入っていき、あぐらをかいて座ってみました。このようなとき、昔の記憶がきのうのことのように鮮明に蘇ります。奥の小さな扉を開いて奥庭を見てみると、昔、私が登って遊んでいた栗の木は、すでに切られてなくなっていました。「うちの小さな目、おなかは空いていないのか?」と母が私を優しく呼ぶようでした。母の木綿のチマ(スカート)がさっと私の目の前を通り過ぎていきました。
 故郷で両親の墓を訪ねて花を捧げました。興南の監獄に私を訪ねてきて悲しみの涙を流した母の姿が、私が母を見た最後でした。母の墓の上を昨晩降った雪が軽く覆っていました。私は白い雪を手の平で払い、母の墓に生えた芝をしばらく撫でました。母の荒れた手の甲のように、墓の上の冬の芝はざらざらしていました。

 


金日成主席との出会い
    

 私が本来、北朝鮮に行こうとした理由は、故郷に行きたかったからでも金剛山を見物したかったからでもありません。金日成主席と会い、祖国の将来について討議し、訴えるために行ったのです。ところが、6日間が過ぎても、金日成主席と会わせるという話は一つもありませんでした。
 12月5日、故郷を巡ってから、ヘリコプターに乗って順安空港に戻ってくると、予告もなく金達鉉副総理が出迎えに来ていました。
 「あす、偉大なる首領、金日成同志が文総裁にお目にかかるそうです。その場所が興南にある麻田主席公館ですので、今すぐ特別機に乗って興南に出発していただきます」
 「主席公館は何箇所かあると言っていたのに、よりのよって興南なのか?」
 行く途中で「興南窒素肥料工場」と書かれた大きな看板を見たので、以前に監獄生活をしていた記憶が蘇り、本当に複雑な気分になりました。私たちはそこの招待所で一泊し、翌朝、金日成主席に会いました。
 麻田主席公館に入ると、金日成主席が先に出てきて待っていました。私たちはどちらからともなくお互いに抱き合いました。私は徹底した反共主義者であり、金日成主席は共産党朝鮮労働党)の頭目ですが、二人の出会いに理念や信仰は重要なものではありませんでした。私たちは、長い間生き別れになっていた兄弟と同じでした。それがまさに血が通う民族の力です。
 私はいきなり金日成主席に言いました。
 「金主席の温かい配慮で家族と会うことができました。しかし、今も祖国には、生死さえも分からないまま、年老いて死んでいく一千万の離散家族がいます。離散家族が相まみえることができるように対面の恩恵を与えてください」
 私は故郷を見てきた話を付け加えて、同族愛に訴えました。故郷の言葉がすらすら通じるので、一層気持ちが安らかでした。すると金主席も、「同感です。来年からは南北の別れた同胞がお互いに家族に会う運動を始めましょう」と、春の雪が溶けるようにすぐに応じてくれました。
 故郷の話題で話の糸口を開いた私は、すぐに核兵器に関する意見を述べました。朝鮮半島の非核化宣言に合意し、国際原子力機関IAEA)の核査察協定に調印するよう丁重な態度で説得に努めました。
 すると金主席は、
 「文総裁、少し考えてみてください。私が誰かを殺そうと思って核爆弾を造りますか? 同族を殺しますか? 私がそのような人間に見えますか? 核が平和的にのみ使われなければならないということに私も同意します。文総裁の話を心して聞いたので、うまくいくでしょう」
 と気持ちをよく答えました。
 当時は、北朝鮮の核施設問題で南北関係が思わしくなく、とても慎重に提案したのですが、晴れ晴れとした答えに、その場にいたすべての関係者が驚くほどでした。話がよく通じた私たちは、食堂の場所を移して、早めに昼食をとりました。
 「文総裁は『冷凍ジャガイモそば』をご存じですか。私が白頭山パルチザン活動をしていた時代に本当によく食べた料理です。召し上がってみてください」
 「知っていますとも、私の故郷でもよく食べていた料理です」
 と、私は笑顔で答えました。
 「はは、文総裁の故郷では珍味として召し上がったのでしょう。私は生きるために食べました。日本の警察が白頭山の頂上までしらみつぶしに探し回るので、一匙のご飯も落ち着いて食べることができませんでした。白頭山の頂上で、ジャガイモ以外に食べる物があるでしょうか? ジャガイモを煮て食べようとしたときに、日本の警察が追いかけてくれば、ジャガイモを土の中に埋めておいて逃げるのです。しばらく経ってそこに戻ってくると、よほど寒いのか、ジャガイモが土の中でこちこちに凍ってしまいました。仕方なく、凍ったジャガイモを掘り出して、溶かして粉にしたあと、そばにして食べました」
 「主席は『冷凍ジャガイモそば』の専門家ですね」
 「そうです。これを豆乳に混ぜて食べても美味しいのですが、ゴマのスープに混ぜて食べてもとても美味しいです消化も良いし、ジャガイモに粘り気があっておなかもいっぱいになります。ああ、それから総裁。『冷凍ジャガイモそば』は、このように咸鏡道式に芥子菜のキムチをのせて召し上がるのが珍味です。一度試してみてください」
 私は金主席が勧めるとおりに、「冷凍ジャガイモそば」に芥子菜のキムチをのせて食べました。香ばしいそばと辛いキムチがよく合い、おなかがすっきりしました。
 「世の中に山海の珍味はたくさんありますが、私はそのようなものはすべて必要ありません。故郷で食べていたジャガイモ餅やトウモロコシ、サツマイモより美味しいものはありません」
 「主席と私は、味の好みまでよく合いますね。やはり故郷の人どうしで会うのはうれしいことです」
 「故郷を見て回ったそうですが、どうでしたか」
 「感慨無量です。私が暮らしていた家が残っていて、しばらく昔のことを思い出しながら、奥の間に座ってみました。今にも母が私の名前を呼びそうな気がして、胸がじんとしました」
 「母君……?」
 「すでに亡くなったそうです」
 「そうでしたか。ですから、早く統一されなければならないということですね。私が聞いたところによると、文総裁は相当ないたずらっ子だったそうですが、故郷に行って少し遊ばれましたか?」
 金主席の話に、食卓に座っていた人たちがわははと笑いました。
 「木にも登って、魚も捕まえにいかないといけないのですが、金主席が待っていらっしゃるということで急いでこちらに来たので、次にまた呼んでくださらなければなりません」
 「そうですね。是非そうしましょう。ところで文総裁は狩りをされますか。私は狩りがとても好きです。白頭山で熊狩りをしてみれば、間違いなく魅了されますよ。熊は体が大きいので愚鈍に見えますが、実際はとても利口者です。ある時、熊と一対一で出くわしたのですが、熊が私を見てぴくりとも動かないのです。熊を避けて逃げ出せばどうなるかお分かりですよね。ですから、私も熊を睨みながらじっとしていました。一時間、二時間と時間がどんどん過ぎていくのですが、熊は依然として私を睨んでいます。白頭山の寒さがどれほど有名ですか? 熊に食べられて死ぬ前に凍え死にしそうな状況です」
 「いや、それでどうなったのですか」
 「ははは、いま文総裁の前に座っているのは熊ですか、人ですか? それが答えですね」
 私は大声で笑うと、金主席は不意に「文総裁、次にいらっしゃったら、一度一緒に白頭山に狩りに行きましょう」と言いました。それで私もすぐに「主席は釣りもお好きでしょう? アラスカの子ディアック島にハリバットという熊くらい大きなヒラメがいます。一度それを釣りに行きましょう」と続けました。
 「熊のように大きなヒラメですか。それなら当然行かなければなりませんね」
 狩りでも釣りでも、私たちは互いに趣味が通じました。すると突然話すことが増え、久しぶりに会った旧友が互いに過去の話をするかのように、先になったり後になったりしながら話をしました。私たちの笑い声が食堂の中に大きく響き渡りました。
 私は金剛山の話も切り出しました。
 「金剛山に行ってみると本当に名山ですね。私たちの民族の誇らしい観光地として大きく開発をしなければなりません」
 「金剛山は統一祖国の資産です。それで誰も手を出せないようにしました。間違った開発をして名山を台無しにすることもあるからです。文総裁のように国際的な眼識を持った方が開発を担ってくださるのなら、信じることができますね」
 金主席は、その場で金剛山開発の要請までしてきました。
 「主席は私より年が多くいらっしゃるので、お兄様になられますね」と言うと、金主席は「文総裁、私たちはこれから兄と弟として仲良くしていきましょう!」と私の手をしっかりと握りました。
 金主席と私は、手をつないで廊下を歩いていき、記念写真を撮って別れました。私を送り出した後、金主席は「文総裁という人は本当に立派だ。一生の間に大勢の人に会ってみたが、あのような人はいなかった。度胸もあり、情にあふれた人だ。親近感を覚えて気分が良くなり、ずっと一緒にいたいと思った。後でまた会いたい。私が死んだ後に南北の間で議論することが生じれば、必ず文総裁を訪ねなさい」と金正日書記に何度も繰り返し伝えたそうですから、お互いにかなり通じ合ったようです。
 私が一週間の日程を終えて平壌を出発するやいなや、延亨黙総理を首班とする北朝鮮代表団がソウルにやって来ました。延総理は「朝鮮半島非核化共同宣言」に調印しました(1991年12月31日)。そして、翌年の1月30日、北朝鮮IAEAの核査察協定に調印することによって、私の約束をすべて守りました。命がけです平壌に入っていき、まずまずの成果を挙げたのですから、本当にやった甲斐がありました。

 


地は分けられても民族を分けることはできない
    

 朝鮮半島は地球に唯一残った分断国家です。韓民族には朝鮮半島を統一させる責任があります。真っ二つになった祖国をこのまま子孫に譲り渡すことはできません。韓民族が二つに分かれ、互いの父母、兄弟に会えないまま生きるということは、あってはならない悲しみです。南北を分ける38度線や休戦ラインは人間が引いたものです。地はそのように分けることができますが、民族を分けることはできません。半世紀を超えて分けられていても、私たちがお互いを忘れることができずに慕うのは、一つの民族だからです。
 韓民族を「白衣民族」といいます。白衣の白は平和の色です。したがって、韓民族は平和の民族です。日本による占領時代、韓国人と中国人と日本人が満州やシベリアの地で互いに殺し合いをするような中でも、韓国人は刃物を持ち歩きませんでした。日本人と中国人は全員刃物を持ち歩きましたが、韓国の人たちは火打ち石を持ち歩きました。凍りついた満州とシベリアの地で火を焚くことは、命を守ることです。韓民族はそのような人たちです。天を恭敬し、道義を大切にし、平和を愛する人たちです。
 日本植民地時代と朝鮮戦争を経験しながら、韓民族は本当にたくさんの血を流しました。しかし、国が統一もされず、平和の国権が成し遂げられてもいません。国土が真っ二つに分かれ、一方は共産主義の暗い世界になりました。
 私たちが民族の主権を取り戻そうとすれば、必ず統一を成し遂げなければなりません。今のように南北が別れていては平和を得ることはできません。私たちがまず平和統一を成し遂げ、完全に主権を取り戻してこそ、世界平和を成し遂げることができるのです。韓民族を「倍達民族」と称するように、韓民族は世界に平和を伝達する配達人として生まれたのです(「倍達」は韓国の古典的な名称。「倍達」と「配達」はハングルでは共に「ペダル」と発音するので、掛けて表現している)。すべての物には名前があり、名前にはそれぞれ生まれつき持っている意味があります。白衣民族の白い服は昼も夜もよく目立ちます。暗い夜中に標識にできる色は白色だけです。韓民族は、夜も昼も世界平和を伝達して回る運命を持って生まれたのです。
 南と北の間には休戦ラインが横たわっていますが、それは大きな問題ではありません。私たちが休戦ラインを除去すれば、その次にはロシアと中国というもっと大きな〝休戦ライン〟が横たわっています。韓民族が完全な平和を得ようとすれば、ロシアと中国との〝休戦ライン〟まで飛び越えなければなりません。大変なことですが、不可能ではありません。大切なのは心の持ち方です。
 私は、汗を流し、血を流すとき、残らずすべて流すのがよいと考える人です。心の中の残りかすまで、ありったけのものをすべて流して送り出してこそ、未練が残らずきれいに整理されます。苦難も同じです。苦難に最後まで打ち勝ち、きれいに清算してこそ、苦難が終わるのです。何であっても、完全に清算すれば、また戻ってくるものです。そのように、凄絶な苦痛なしには民族の完全な主権を取り戻すことはできません。
 今でこそ皆平和統一を語りますが、私が以前、平和統一を主張していた頃は、反共法と国家保安法を恐れて、「平和統一」という言葉を使うことさえためらわれる時代でした。私はその当時から、絶えず平和統一を主張してきました。今も誰かが「どうすれば朝鮮半島は統一されますか」と尋ねれば、私の答えはいつも同じです。
 「韓国の人が韓国よりもっと北朝鮮を愛し、北朝鮮の人が北朝鮮よりもっと韓国を愛すれば、きょうにでも朝鮮半島は統一されます」
 1991年に命がけで北朝鮮の地に入っていき、金日成主席と会ったのも、すべてそのような愛の下地があったために可能なことでした。その時私は、金日成主席と南北離散家族再会、南北経済協力、金剛山開発、朝鮮半島非核化、南北首脳会談推進などに関して合意しました。反共主義者共産国家に入っていって南北統一の入り口を開くとは誰も思いませんでしたが、私は世界をあっと驚かせました。
 私は金日成主席に会う前(12月2日)、平壌の万寿台議事堂(日本の国会議事堂に相当)において、党・政府要人との会談の席で2時間にわたって講演を行いました。その日、私が北朝鮮の指導者たちを相手に強調して語ったことは、「愛による南北統一方案」です。金日成主義で武装した北朝鮮の指導者たちを座らせておいて、私のやり方で語ったのです。
 「南北は必ず統一されなければなりませんが、銃剣によっては一つになることはできません。南北統一は武力では成し遂げられません。朝鮮戦争も失敗したのに、また武力で何とかしようと考えるのは愚かなことです。皆さんが主張する主体思想では南北を統一することはできないのです。それでは、何をもって統一されるのでしょうか。この世の中は、人間の力だけで動くのではありません。神様がいらっしゃるので、絶対に人間の力だけではどうすることもできないのです。戦争のような悪なることに対しても、神様は摂理されます。ですから、人間が主体となった主体思想では南北を統一することはできません。統一された祖国をつくるのは『神主義』によってのみ可能なのです。
 神様が守ってくださる私たちに統一の時が近づいてきています。統一は、わが民族の宿命であり、私たちの時代に必ず解決すべき課題です。私たちの時代には祖国統一の聖業を成し遂げることができなければ、永遠に先祖と子孫の前に頭を上げることができないでしょう。
 『神主義』とは何でしょうか? 神様の完全な愛を実践することです。南北を統一するのは、左翼でもできず、右翼でもできません。その二つの思想を調和させることのできる『頭翼思想』があってこそ可能です。
 愛の道を行こうとすれば、全世界の前で南侵した事実を謝罪しなければなりません! 北朝鮮が韓国に送った定住スパイが2万人もいることを知っています。彼らに、今すぐ自首せよと指令を出してください。そうすれば、私が彼らの思想を正す教育をして、南北の平和統一に寄与する愛国者にします」
 私は議事堂のテーブルに拳を打ち下ろし、強烈に語りました。すると、私の演説を聞いていた北朝鮮の尹基福・朝鮮海外同胞援護委員会委員長(祖国平和統一委員会副委員長)と金達鉉副総理の顔がこわばりました。この発言がどのような危険をもたらすか分かりませんでしたが、言うべきことは言わなければなりませんでした。単に彼らを刺激するためではなく、その日の私の演説が金日成主席と金正日書記にすぐに報告されるという事実を、あまりにもよく知っていたので、私たちの志を伝達しようと、わざとそのように話しました。
 演説が終わるやいなや、随行員たちの顔が真っ青になりました。北朝鮮側関係者の数人は、よくもあんな話ができたものだと真顔で抗議してきました。「演説の内容があまりにも強烈で、彼らの雰囲気があまり良くないです」と随行員たちが心配しました。しかし、私は断固として言いました。
 「私がなぜここに来たのか。北朝鮮の地を見物するために来たのではない。ここまで来て言うべきことを言わずにいれば天罰を受ける。たとえきょうの演説が原因で金主席と会えずに追い出されたとしても、言うべきことは言わなければならない」
 その後、1994年7月8日、突然金主席が死去しました。当時、南北関係は最悪の局面でした。韓国の地にパトリオットミサイルの配備が計画され、アメリカでは寧辺の核施設を破壊しろという強硬派が力を得て、今にも戦争が起きるような状況でした。北朝鮮は一切の外国の弔問を受け入れないと発表しましたが、私は兄弟の義を結んだ金主席の死を哀悼するのが当然だと考えました。
 私は朴普熙(当時、韓国・世界日報社長)を呼びました。
 「今すぐに弔問使節として北朝鮮に行きなさい」
 「今、北朝鮮は誰も入れない状況です」
 「難しいことは分かっている。しかし、何としてでも入っていかなければならない。鴨緑江を泳いで渡ってでも、必ず入っていって弔問してきなさい」
 朴普熙は北京に飛んでいき、命がけで北朝鮮と連絡を取りました。すると、金正日国防委員会委員長が、「文総裁の弔問使節は例外として、平壌にお迎えするようにしなさい」と指示を下したのです。平壌に入って弔問を終えた朴普熙に会った金正日国防委員長は、「文鮮明総裁はお元気ですか。このたびはこのように難しい中を来ていただいて、本当にありがとうございます。われわれの偉大なる主席も総裁の話をいつもしていました」と丁重に挨拶しました。1994年の朝鮮半島は、いつどこでポンと爆発するか分からない危機的状況でした。まさにその時、金主席と結んだ縁のおかげで朝鮮半島の核危機を無事に越えたことを思えば、その時の弔問は、単なる礼節にとどまるものではなかったのです。
 私が金主席との出会いを詳しく紹介するのは、人と人の間の信義について話をするためです。私は祖国の平和統一のために彼に会いました。そして、民族の運命を思う私の信義が通じたために、彼の死後、息子の金正日国防委員長も、私たちが送った弔問使節を受け入れたのです。真実な心で愛を分かち合えば、越えられない壁はなく、成就できない夢はありません。
 私は北朝鮮を故郷、私の兄弟の家と思って訪ねていきました。何かを得るためではなく、愛の心を与えるために行ったのです。そして、愛の力が、金日成主席にとどまらず金正日国防委員長にも通じました。その日から今まで、北朝鮮と私たちの間には特別な関係が続き、南北関係が難しくなるたびに、力を尽くして道を開く役割を担っています。すべてのことは、金日成主席と会い、真実な心を通して信頼関係を築いたことがその根本です。信頼はそれほどに大切なのです。
 金日成主席に会った後、私たちは北朝鮮で平和自動車工場をはじめ、普通江ホテル、世界平和センターなどを運営しています。平壌市内には、平和自動車の広告塔が8つも建てられています。韓国の大統領が北朝鮮を訪問したとき、北朝鮮当局は平和自動車工場を見せてくれました。大統領と一緒に北朝鮮を訪問していた財界人らは、普通江ホテルに泊まりました。北朝鮮の地で働く食口は、日曜日ごとに世界平和センターに集まって礼拝を捧げます。これらのことは南北の平和的な交流と統一のための平和活動であって、経済的な利益を得るための事業ではありません。民族的な愛で南北統一に寄与しようとする努力の一環なのです。

 


銃剣を収めて真の愛で
    

 韓民族を分けているのは休戦ラインだけではありません。嶺南(慶尚南北道)と湖南(全羅南北道)も、見えない線で分かれています。また、日本に住む韓国・朝鮮人は、民団(在日本大韓民国民団)と朝鮮総連在日本朝鮮人総連合会)に分かれています。民団と長総連を対立させている理由は、父母が決めた故郷が違うからです。ところが、その故郷がどこなのか、行ったこともない二世、三世まで、父母が引いた線の中に身をすくめて生きています。民団と長総連に分かれてお互いに言葉も交わさず、学校も違うところに通い、結婚もしません。
 2005年、私は嶺南・湖南の人々と在日韓国・朝鮮人を一つにするために、それまで計画してきたことを実行に移しました。民団から千人、朝鮮総連から千人の同胞をソウルに招待し、嶺南の千人および湖南の千人と姉妹結縁するようにしました。日本で民団と朝鮮総連の人々が一箇所に集まって南北の平和統一を論議するのはまず不可能です。困難なことをやり遂げた分、嶺南と湖南、民団と朝鮮総連の人々が一箇所に座り、互いに抱擁する光景は、それこそ感激もひとしおでした。その時、ソウルを初めて訪れた朝鮮総連の幹部は、亡くなった父の故郷がどこなのかもはっきり分からないまま、冷戦構造の代理戦争をして生きてきた歳月が本当に残念だと語って、座り込んで激しく泣きました。それまで無為に心の分断線を引いて生きてきたことが、限りなく恥ずかしいとも言いました。
 朝鮮半島の分断と対立を正しく理解しようとすれば、過去と現在と未来をまとめて見つめることができなければなりません。すべての事件には根があるものです。朝鮮半島の分断は、善と悪が真っ向から争う善悪闘争の歴史が作り出したものです。朝鮮戦争が起きると、北朝鮮を助けるためにソ連と中国をはじめとする共産圏国家が総動員されました。韓国も同様です。アメリカをはじめとして16カ国から軍隊を派遣し、医療班を派遣した国が5カ国、戦争物資を支援してくれば国が20カ国にもなります。同一民族どうしの争いに、これほど多くの国が動員された戦争は他に類例がありません。韓国という小さな国で起きた戦争に、全世界人類が深く関与したのは、朝鮮戦争共産主義勢力と自由主義勢力の代理戦争だったからです。ある意味では、韓国が世界を代表して善と悪の闘争を熾烈に繰り広げたのです。
 アメリカでは日刊紙「ワシントン・タイムズ」を創刊してから10年目の1992年、アレクサンダー・ヘイグ元米国務長官が記念式典に出席し、祝辞を述べる中で、意外な話を披露しました。
 「私は朝鮮戦争に従軍して数々の戦闘に加わりました。指揮官だった私は興南攻撃を任され、命がけの猛攻撃を繰り広げました。文総裁が共産党に捕まっておられ、その日の攻撃で解放されたという話を聞いて、感慨無量でした。おそらく、文総裁を救うために私がそこに行ったようです。今は反対に、文総裁がアメリカを救おうとここに来られておられます。『ワシントン・タイムズ』は、左派言論が世論を主導するワシントンDCにあって、バランスの取れた歴史観を持ち、これから行くべき方法を知らせてくれ、アメリカ人の生命を救う新聞です。今回も確認したように、歴史に偶然というものは存在しないのです」
 一時、韓国社会では、朝鮮戦争の時に国連軍を総指揮していたマッカーサー将軍の銅像を撤去しようという主張がありました。もし国連軍が参戦していなければ、南北が今のように分断されていなかったというのがその趣旨でした。私はその話を聞いて、本当に驚きました。そのような主張は、北朝鮮共産党朝鮮労働党)の立場でのみできるものです。
 このように世界的な犠牲を払ったにもかかわらず、いまだに朝鮮半島の統一は訪れていません。その日がいつ訪れるか分かりませんが、私たちがすでに統一に向かって力強く踏み出しているという事実だけは明白です。統一に向かっていく道には、たくさんの障害があります。幾重にも折り重なった障害を一つ一つ崩していかなければなりません。長い時間がかかり、苦労が多くても、鴨緑江を泳いで渡っていく精神で耐え抜けば、統一は必ず訪れます。
 1989年末、東ヨーロッパの国々の中で最後まで持ちこたえていたルーマニアの共産政権が、流血の民衆蜂起によって打倒されました。政権が崩壊した直後、24年間ルーマニアを統治していたニコラエ・チャウシェスクは、彼の妻と共に処刑されました。彼は自分の政策に反対する者たちを無残に虐殺した残忍な独裁者でした。どの国でも、独裁がだんだんと強化されていく理由の一つは、政権を失うと命まで危うくなるという恐怖心です。自分の命が守られるという確信さえあれば、独裁の崩壊がどういう過程を辿るにせよ、あそこまで袋小路に向かって突き進んでいくことはないでしょう。
 朝鮮半島でも、どういう方式かは分かりませんが、いずれ遠くない未来に統一を達成するでしょう。したがって、政治家は政治家なりに、経済人は経済人なりに、統一韓国に備えるさまざまな準備をしなければなりません。私はやはり宗教者として、北朝鮮の人たちを愛で抱きかかえ、共に平和を分かち合うことのできる統一韓国を迎えるための準備をおろそかにしないでしょう。
 私は、同一の統一について長い間研究してきました。一発の銃弾も撃たず、一滴の血も流さずに統一できた理由に関して、当時、統一を主導していた人たちの経験を聞き、私たちに適合する方法を探したのです。その結果、ドイツが平和統一できたのは、東ドイツの権力者に「統一させても命の危険はない」という信頼を植え付けたことが大きな要因だった事実が分かりました。命の保証がされていなければ、東ドイツの為政者があれほど簡単に統一の門を開くことはなかったでしょう。
 同じように、私は北朝鮮の為政者にも、そうした信頼感を与えなければならないと考えました。以前、日本で出版された北朝鮮を題材にした小説に、チャウシェスクが処刑される映像を数十回見ながら、「われわれが政権を失えばあのようになる、絶対に政権を失ってはならない」と絶叫する為政者たちの姿が描かれていました。もちろん、日本の小説家の想像ですが、彼らの現実的な悩みに耳を傾け、それを解決してあげてこそ、早く統一が訪れるのです。
 朝鮮半島に平和世界を構築することは意外に簡単です。韓国が完全に北朝鮮のために生きるとき、北朝鮮は戦争を仕掛けることなく、朝鮮半島には自然に平和が訪れてきます。親不孝な子供を感動させられる力は、拳でもなく、権力でもなく、心から沸き上がる愛の力です。北朝鮮に米をあげたり、肥料を送ったりすることよりも、愛を与えることのほうが大切です。愛する心で、誠を尽くして、北朝鮮を思って為に生きるときにこそ、北朝鮮も心を開くという事実を忘れてはいけません。

(2022.2.6:写経奉献)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com